まるごと青森

twitter facebook rss
神武食堂の担々麺

津軽百年食堂の「神武食堂」(つがる市)といえば担々麺が有名ですが…。

グルメ | 2017-11-15 18:28

JR五能線木造駅を降りてすぐのところにある神武食堂。いわゆる津軽百年食堂の一つで、名物メニューは担々麺。昼時に店をのぞくとたいていはほとんど満席の状態で、地域での人気が伺えます。

神武食堂の現在のご主人、四代目・神祥仁さんは若い頃に東京で本格的な中華修行をしており、そのせいもあってか、神武食堂の担々麺はとても美味!個人的には東京の名だたる名店にも負けていないと思っています。神武食堂の担々麺

そして、最近、担々麺と並ぶほどの人気で評判なのがチャーシュー丼。ふわんとした卵焼きの上に、濃い目の味付けがされた角切りのチャーシューが乗っかった男性垂涎の丼です。もともとはラーメン用のチャーシュウの切れ端を上手に使えないかと始めた裏メニューでしたが、人気を博して表メニューとなり、今ではチャーシュー丼の注文が多くてチャーシュウが足りないくらいなんだそうです。
※画像はチャーシュー丼ハーフサイズ神武食堂のチャーシュー丼そして、ご主人に、実は隠れてけっこう人気のメニューはなんですか?と聞いたところ、返ってきた答えがこちら。神武食堂のレバニラ炒めレベニラ炒め〜。
よくあるレバニラ炒めに比べてレバーをカリッと上げているのが特徴で、クセがなく、少しくらいレバーが苦手な人でも美味しく食べられます。ご主人が高校生の頃、八戸で初めて食べたレバニラが忘れられず、自分なりに研究して作り上げたそうです。特筆すべきはその量で、深めのお皿にこんもり盛られたその量は普通の1.5倍から2倍。ただ、野菜たっぷりなのでけっこう食べ切れてしまう不思議なレバニラでした。神武食堂の暖簾

大正13年に創業した神武食堂は今年で93歳。あと7年で真の百年食堂になります。100年目の記念日にはみんなでお祝いしたいねー、なんてことをご主人は話されていました。その日が今から待ち遠しです。

by yoshihito

 

神武食堂
場所青森県つがる市木造宮崎1-10
TEL0173-42-3421
時間11:00~19:00
日曜営業
料金担々麺 800円
チャーシュー丼(ハーフ) 400円
レバニラ炒め単品 650円

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅