まるごと青森

twitter facebook rss

冬限定の「酒のあで雪見列車」で青森の列車の旅を楽しもう!

イベント・まつり | 2018-01-20 17:42

今年も「酒のあで雪見列車」の季節がやってきました。

星野リゾート青森屋と青い森鉄道株式会社が実施する、冬限定の貸切列車ツアーで、雪景色を見ながら、地酒と酒のあで(つまみ)と祭りばやしが楽しめます。

先日、体験会に参加してきましたので、その様子をご紹介します。

旅のスタートは、青森屋(三沢市)。

このツアー限定の硬券切符をもって外に出ると、かわいい雪ん子が切符を切ってくれます。

そして、バスに乗り込み、三沢駅へ。

駅の電光掲示板にも「酒のあで雪見列車」の文字が。

よく見ると、「酒のあで」のところが、雪が降っている感じになっていて、かわいいです。

このツアーでは、三沢駅から青森駅までの間に、酒のあでと地酒が追加されていくという楽しいシステムとなっています。

出発駅の三沢駅では、八戸酒造「陸奥男山CLASSIC」が用意されていました。しかも、熱燗というのがありがたい!おちょこは津軽金山焼。青森らしくていいです。

ここでの酒のあでは、北寄貝の刺身と、生干し烏賊の焼き物。

おいしい地酒とつまみとともに出発です!

三沢駅の次は、乙供駅に停車。酒のあでが追加されます。ここでは、わかさぎの佃煮、えびの佃煮が登場。

野辺地駅では、二本目の地酒、関乃井「関乃井上撰」と、蛸の柔煮が。続いて、小湊駅では、帆立わさび昆布和え、なまこポン酢卸和えが登場しました。

そして、浅虫温泉駅では、三本目の地酒、六花酒造「本醸造じょっぱり」と、生姜味噌おでん、デザートの久慈良餅が提供されました。

地酒、つまみが全部そろうとこんな感じです。

停車駅にちなんだ酒のあではどれもおいしくて、お酒もすすみます。

運行中は、青森屋スタッフのみなさんが県内の祭りばやしを演奏してくれるので、お祭り気分も味わえます。

また、景色が良い場所では、列車の速度を落としてくれるのもうれしいサービスです。浅虫温泉駅の少し手前から、速度を落としてくれたので、陸奥湾に浮かぶ湯の島のきれいな景色をゆっくりみることができました。

そして、終着の青森駅へ。2時間弱の楽しい列車の旅も終了です。

青森駅についたあとは、自由に買い物や観光をして、帰りは青森屋のある三沢駅まで好きな時間の列車に乗ることができます。

今年の「酒のあで雪見列車」は、明日、1月21日からスタートです。みなさんも、おいしい青森の地酒と酒のあでをいただきながら、列車の旅を楽しんでみませんか?

by はっしー

星野リゾート 青森屋
TEL0176-51-1116
時間開催期間:2018年1月21日~2月25日の毎週日曜日(計6回)
時間:往路11:30~13:17、復路自由(最終16:07発)
料金料金:大人8,640円、子供(4歳~11歳)4,320円(税・サ込)
含まれるもの:往復列車運賃、地酒3種(1種180ml瓶)、珍味9種、オリジナル切符、オリジナル切符ホルダー
Webサイト星野リゾート 青森屋
その他対象:宿泊者、外来いずれも可
予約方法:利用日の3日前までにHPまたは青森屋(0176-51-1116)にお問い合わせください。
定員:40名(最低催行人数2名)
※仕入れ状況や天候により、運休または内容が一部変更になる場合があります。
※子供には、専用料理とソフトドリンクを提供します。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅