まるごと青森

twitter facebook rss

ご飯もお酒も楽しめる、むつ市・武田屋の塩辛貝焼き(かやき)

グルメ | 2018-04-07 11:38

青森県の郷土料理の一つ「貝焼きみそ」。
帆立貝を鍋がわりに、具材に帆立の貝柱を入れて、卵とじしたものが一般的ですが、同じ県内でも、下北地方ではその呼び名が「貝焼き」として親しまれています。
具材は、帆立の他にも、魚介に限らず旬の野菜や肉など様々あるようです。

今回は、津軽の「貝焼きみそ」とは一味違う下北の「貝焼き」を食べにむつ市にある武田屋に行ってきました。武田屋のかやきは、貝(けっから)を使って焼き締める(煮る)料理です。
具材を出汁に入れて火にかけ、焦げないように混ぜながら全体を煮詰めていきます。
煮しめて、煮しめて、お焦げ状態になったら食べごろです。

最初はこんな感じ。具材は、イカの塩辛と大根おろし。火にかけて、これを煮詰めていきます。焼き締めて、出来上がりはこんな感じです。イカの塩辛の旨味と出汁が大根おろしに染みていて、本当に美味しいです!
ご飯のおかずに合いますが、どちらかと言えば、お酒のお供にピッタリだと思います。
面白いことに、具材のイカの塩辛は生でも食べられるので、火にかけて食べながら、焼き締めて、お酒が楽しめます。
そして、どんどんお代わりを追加投入していけるので、いつまでも食べ続けられます。

武田屋では、通年で提供しているかやきは4種類くらいありますが、その時期によって旬の魚介や野菜を使ったもの、またはお肉も使って50種類は提供できるそうです。これまで味わったことのない貝(けっから)を使った料理が味わえて本当に楽しかったです。
皆さんも、機会があれば、ぜひ一度お試しください。

by トリッキー

場所青森県むつ市柳町1-1-7
TEL0175-23-7811
FAX0175-22-2701
時間17:30~23:00
Webサイト武田屋

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅