まるごと青森

twitter facebook rss

イルカウォッチングも!?便利な「むつ湾フェリー」

観光スポット イベント・まつり | 2018-05-16 16:23

今日はどこ行く何食べる?

津軽も下北も楽しみたい、そんな欲張りなあなたにもってこいなのが、2つの半島をわずか60分でつなぐ「むつ湾フェリー」。

先日乗ることができましたので、そのときの様子を交え、「むつ湾フェリー」の魅力をお伝えします。

 

【むつ湾フェリーって?】

むつ湾フェリーは、津軽半島の蟹田港と下北半島の脇野沢港を1日2往復します。蟹田から脇野沢まで、陸路だと3時間45分ほどかかるところが、フェリーだとはるかに早い1時間で着くため、時短・ガソリン節約になります。また、運転で疲れているドライバーの方も一休みできますし、天気がよければデッキに出て、陸奥湾内の景色を一望できるのも魅力のひとつです。

 

私は15:30脇野沢発、蟹田行きのフェリーに乗りました。天気は悪くなかったので、デッキで景色を眺めることができました。

風も穏やかで、フェリーが立てる波の音が心地よく、心洗われるようでしたが、内心そわそわして落ち着きませんでした。

 

 

【イルカに出会えたあなたはラッキー!?】

何を隠そう、私がむつ湾フェリーに乗る最大の目的でもあったのが、「イルカウォッチング」だったからです。陸奥湾には、4月下旬~6月下旬にかけて野生のイルカの群れがやってくるといい、多いときには300頭以上のイルカと出会えることもあるほか、クジラ、シャチ、オットセイなどが現れることもあるそうです。心が躍りますね。

 

イルカに出会えない日もあるそうで、不安に思っていたところに現れてくれました。

他のお客さんもワッと客室を飛び出し、イルカを探して撮影しています。

私もすかさずカメラを構え、興奮しながらも撮影できました。

 

ちょっと遠いですね

 

すみません。これでは、皆様にイルカウォッチングの魅力を伝えられませんので、プロの写真を使わせてください。

県、関係市町村及び航路事業者で構成される「むつ湾内航路活性化推進会議」では、運良く船上からイルカに出会うことができれば、もれなく記念品がもらえる「イルカいないかキャンペーン(4/21~6/30)」を毎年実施しています。イルカがフェリーと並走してくれることもあり、迫力あるイルカを間近で見られるチャンスです。実際にフェリーに乗って、その目で確かめてみてください。

 

今回イルカと出会うことが出来ましたので、私も記念品をいただきました。

何がもらえるかは、イルカに出会ってからのお楽しみということで。

 

ちなみに、最近イルカが現れているのか知りたい方へ。「青森・陸奥湾イルカ情報」では、陸奥湾内のイルカ出現情報を海域、時間帯ごとに確認できます。

傾向を分析すれば、イルカに出会いやすくなるかも…!?

 

むつ湾フェリーでは他にも、レンタカーでフェリーに乗船すると割引が受けられるキャンペーンや、陸奥湾でのイルカウォッチングと浅虫水族館のイルカパフォーマンスの二刀流を楽しめるツアーなど、もりだくさんです。

 

今度のお休みはむつ湾フェリーに乗って、ちょっと遠くへお出かけしましょう。

写真のリベンジもあるので私はまた乗ります。

 

by パン万次郎

 

※運賃やキャンペーンについては、むつ湾フェリー株式会社のHP等でご確認ください。

 

むつ湾フェリー株式会社
場所青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田中師宮元160
TEL0174-22-3020(蟹田本社営業所)
時間7:30~17:00
Webサイトむつ湾フェリー株式会社

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅