まるごと青森

twitter facebook rss

来場者が毎週1万人以上、全国最大規模の朝市「館鼻岸壁朝市」

グルメ | 2018-05-23 17:15

イカやサバなど、全国有数の水揚げを誇る青森県八戸市の八戸港。
そこにある「館鼻岸壁」を会場に、3月〜12月末まで、毎週日曜日、夜明けから開催されているのが「館鼻岸壁朝市」(たてはながんぺきあさいち)です。出店数は300店舗以上、毎週1万から2万人が訪れています。
館鼻岸壁朝市そんな館鼻岸壁朝市に先日行ってきました。その中からいくつか店舗を紹介したいと思います。

先ずは「しおてばの大安食堂」大安食堂_唐揚げ写真は唐揚げですが、塩手羽が人気の有名店です。いつも通り行列ができていました。
フライヤーを10台駆使して揚げていますが、追いつかないです。大安食堂_フライヤーご存知の方がいらっしゃるかも知れませんが、最近「しおてばハーフ」という商品が販売されているらしいです。

続いては、幼虫グミが有名な「赤いテントのコーヒー店」赤いテントのコーヒー店ご覧ください!本物そっくりですね(笑)。
思わず手にとって触ってしまいそうになりますが、食べられるというのでビックリですね。
あまり大きい声では言えませんが、こちらの斜向かいの店舗では、生きたカブトムシの幼虫が販売されています。間違わないように気をつけてくださいね(笑)。

八戸港といえば、やっぱりこのお店「かつら工房」かつら工房軽トラの荷台に、世界で唯一オリジナルの回転式囲炉裏があり、採れたての魚介が串に刺した状態で焼かれています。
見た目も、味も最高に美味しいです!

こちらのお店は「中村菓子店」中村菓子店こちらの「黒にんにくコーヒー羊羹」は、出店者同士のコラボレーションから誕生した商品です。試食もできて、黒にんにくの香りとコーヒーの風味が絶妙で、全体を羊羹の甘さが包み込んでくれます。
「百見は一食にししかず」です。ぜひお試しください。

そして、朝市での評判から店舗を構えたという有名店「アンジェリーナ」アンジェリーナ常に焼きたてのパンを求めてお客が並んでいます。たくさんの種類があり、どれも美味しそうですが、名物はクロワッサンです。

さらに朝市を代表するコーヒー店の一つ「Roasteria」Roasteria朝市で提供するコーヒーの香りが一番引き立つよう、毎週金曜日に焙煎を行っているというから、コーヒー好きには堪らなく嬉しいですね。
一杯ずつ目の前で落としてくれるので、口に入れた瞬間の感動はインパクトがあり、クセになります(笑)。

三戸町の有名なパン屋さん「加藤パン」加藤パン学校給食でお馴染みの方も多いと思います。人気なのが、あんかけパンやきんぴらパンですが、今回目についたのは「やきとりパン」です。
パンからやきとりの串がはみ出ていますが、お店の人によると、テリヤキチキンバーガーをイメージして作ったそうです(笑)。

階上町から出店している「おかず家」おかず家採れたてのホヤやうにを使った炊き込みご飯が人気です。
いい香りと旨さは格別です!値段も良心的で、売り切れてしまいます。

300店舗もありますので、全ての店舗をご紹介できませんでしたが、実際に足を運んで見て回っていただくと、色んな発見があると思います。

それから、朝市の楽しみは、美味しい食が多いのはもちろんですが、出店者との会話が何よりのお楽しみではないでしょうか。
今では市民だけではなく、遠方からも朝市を目立てにやって来るお客も多くいると聞きます。
中には、土曜の夜、八戸の横丁で飲んでから、少し休憩を取って朝市を訪れる強者もいるそうです(笑)。
皆さんも一度体験してみてはいかがでしょうか?

by トリッキー

館鼻岸壁朝市
場所青森県八戸市新湊 館鼻(たてはな)岸壁
TEL0178-80-7878
時間日の出~午前9時
Webサイト館鼻岸壁朝市
その他毎週日曜日(3月中旬~12月)
※八戸うみねこマラソン開催日は休止となります。(毎年5月)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅