まるごと青森

twitter facebook rss

日本でオンリーワンの絶景が解禁!尻屋埼灯台に登ってみた

観光スポット | 2018-06-08 11:56

灯台。
海難事故から海人を守る、光の道標。
島国の日本には、3,000を超える灯台があるそうです。

ところで皆さんは、灯台に登ったことはありますか?

2018年6月、青森県下北半島、本州最涯(さいはて)の地、青森県東通村「尻屋」の岬にある「尻屋埼灯台」が、日本の洋式灯台150周年を記念して一般公開されたので登ってきました。

尻屋埼灯台
今年から一般公開された尻屋埼灯台。
書き方は「尻屋埼灯台」で、読み方は「しりやさきとうだい」です。英語表記は「Shiriya-saki Lighthouse」。「尻屋崎灯台(しりやざきとうだい)」は字も読みも不正解なのでご注意を。
受付看板
「のぼれる尻屋埼灯台」と書かれた置き看板。参観時間は9:00~16:00。参観寄付金200円。
受付
有人受付。公益社団法人燈光会さんが運営しています。
記念スタンプ
本州最涯(さいはて)らしく、記念スタンプもあります。

尻屋埼灯台は、青森県天然記念物「寒立馬」の放牧地としても有名な観光スポット・ドライブ定番コースの尻屋埼にあり、春から秋の日中、敷地内に入ることができます。

灯台と寒立馬
青い空と白い灯台、緑の草原にライトブラウンの馬。映えまくりです。
寒立馬
馬に近づいて見ることもできます。後ろに回りこむと蹴られるので気を付けましょう。
眠そうな寒立馬
人馴れした馬たち。こんな近くでカメラを構えても警戒すらしない。そして眠そう。
寝た寒立馬
寝た。

この尻屋埼灯台、色々な「1番」がある灯台です。
今回は、そんな「1番」を紹介しながら、中の様子もレポート。

1番の1「日本で1番高いレンガ造りの灯台

尻屋埼灯台は、1876年(明治9年)10月20日に、高さ30mの日本一高いレンガ造灯台として設置点灯されました。
設計したのは、日本の灯台の父と呼ばれた、イギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントン。
今回の内部公開では、「そのレンガ造り」の構造が見られるよう、壁をくりぬいた所が見学できます。

レンガ造の様子
2重構造になっているとのことで、内側・外側ともにレンガ造であることを見ることができます。

工事期間は3年4カ月を要したそうです。1つ1つ積んでいく作業は考えただけで気が遠くなります。

プレート
入り口にある「明治9年丙子10月20日初照 Illuminated 20th Oct,1876」と書かれたプレート。歴史あり。

入口から入ってすぐの場所で構造を確認して、いざ、階段を上っていきます。

入り口
迷宮の入口のような画にも見えますが、1本路なのでご安心を。
階段と手すり
全128段。手すりが付いていますが、途中に休憩場所は無いので一気に行く覚悟で。
途中の階段には段数が書いています。1/3手前で、早くも太ももに乳酸が溜まってきました。運動不足です。

ひたすら上っていると何かの修行のような気分になるので、2つ目の「1番」を。

1番の2「日本で最初の電化灯台

尻屋埼灯台が設置点灯したのは1876年(明治9年)ですが、それから25年後の1901年(明治34年)、それまで火の光だった灯台から、灯火を電気によって点灯するアーク灯が使用され、日本で最初の電化灯台となった、とのことです。

階段
明かりが!ゴールが近づいてきました。
出口
ついに!ゴーーーーーーーーーーール!!

いよいよ、灯台の上から見る絶景です。

海の風景
うおおお!海広いいいいい!水綺麗いいいい!
海の風景
うおおおお!あんな遠い船も見えるううう!
馬を見下ろす風景
うおおおおおお!高い―!!馬ちっさーーーー!!!

まあ、この風景は確かに絶景ですが、ある意味想像どおり。
ですが、これで終わらないのが尻屋埼灯台。

突然ですが、ここで問題です。
普通、陸から海を見たときに、波はどう動いて見えるでしょう?

答えは「奥から手前に向かって来る」ですよね。

ところがこの尻屋埼では不正解。

正解は「波が左右から来て真ん中でぶつかっている」です。

1番の3「左右から波が来るオンリーワンの絶景が見られる!
(※潮汐、時間帯、風向きなどにより見られない時もあります)

ウソでしょ?と思うじゃん?
というわけで、こちら(動画)をご覧あれ。

少し分かりにくい?では、時間圧縮(タイムラプス)で。

タイトル回収。これは圧巻ですね。
なんでこんなことが起きているのか。
むつ海洋研究所の研究員の方に聞いてみました。

「この尻屋埼、左は北海道と本州に挟まれた津軽海峡、右は太平洋という場所に位置しています。
潮汐などの関係で変動はしますが、津軽海峡には日本海の暖流「対馬海流」が流れ込み、この尻屋の辺りから太平洋に出ていきます。海洋調査などでこの辺りに出ると、風がないのにとても強い波や流れを感じることが多いエリアです。左からの波はそういった流れから出来る「うねり」かもしれません。
一方、右側の太平洋側は、この地域によく吹く東風「ヤマセ」などが影響しているかもしれません。東風は、太平洋の沖から陸へと波を立たせます。それらに加えて、「尻屋海脚」という、岬の沖まで伸びる浅い海底地形などにより、複雑な潮流が生まれている可能性があります。」

波の動きは海流のほかにも潮汐や風、地形など複雑な要素が絡むので、原因は一概には言えず、時間帯によっては全く違う動きにもなるとのこと。

昔はこのあたりで海難事故が多発したため、建てられたのがこの尻屋埼灯台なのですが、こういった複雑な潮流が原因だったのかもしれませんね。

しかし、日本海からの海流と太平洋の波がぶつかる場所、ということは、まるで漫画「ワンピース」でサンジさんが追い求めている「オールブルー」じゃないですか!

どうりで下北半島の魚は多彩で美味しいわけです。

そんな奇跡の地にある尻屋埼灯台、他にもまだまだ「1番」があります。
1番の4「東北最初の洋式灯台」(1876年)
1番の5「日本で初めて霧鐘が設置」(1877年設置→2年後に廃止)
1番の6「日本で初めて霧笛が設置」(1879年12月20日設置。これを記念し、日本では12月20日が「霧笛記念日」となっている)

さらに、
日本の灯台50選(1988年・海上保安庁)
土木学会選奨土木遺産(2006年・公益社団法人土木学会)
近代化産業遺産(2008年度・経済産業省)
登録有形文化財(2017年・文部科学省)
恋する灯台(2017年・日本ロマンチスト協会&日本財団)
など数々の指定を受けていたり、今年2月には、Mr.chirdlen「here comes my love(フジテレビ系 木曜劇場「隣の家族は青く見える」主題歌)」のショートフィルムのロケ地としても公開されたりと、今とてもホットな灯台なのがこの尻屋埼灯台なんですね。

というわけで、今回のレポートは以上です。

完全に忘れてましたが、帰りも128段の階段を下りることになるので、手すりにしっかり捕まって降りましょう。明日の筋肉痛が大確定。

夏休みのドライブに、ぜひ尻屋埼を訪問して、馬に癒されて、左右から波が来る絶景を堪能して下さいね。
下北の美味しくて新鮮な海産物を食べるのも忘れずに!

(byかろ王子)灯台と寒立馬と海と観光客の皆様。

時間期間 4月下旬~11月上旬(2018年は工事のため9月2日まで)
時間 9:00~16:00
料金参観寄付金 大人(中学生以上)200円

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅