まるごと青森

twitter facebook rss

青森はサイクリングシーズン真っ最中

体験 温泉・宿泊 | 2018-09-03 22:45

9月になり、少しずつ涼しくなってきました。サイクリングを楽しむにはちょうどいい時期です。

青森県内の主なホテルでは、レンタサイクルを整備したり、その土地ならではのサイクリングコースを提案したり「サイクリングが楽しめる宿」づくりを進めています。

今回は、台湾の方に青森サイクリングを体験していただいたので、その様子を紹介します。

出発地点は、日本海と岩木山に囲まれた抜群のロケーションに位置する鰺ヶ沢町のホテルグランメール山海荘。前日はおいしい料理と温泉を満喫し、体調は万全です。

今回のゲストはこちら。日本に語学留学している若さあふれる3名の台湾の方。若いってすばらしい。

ブレーキやサドル等自転車のチェック、ヘルメットの装着確認を済ませ、いよいよ出発。出発前の準備から、サイクリングが終了するまで、サイクリングガイドがしっかりサポートしてくれます。頼もしいし何より安心ですね。

鰺ヶ沢町内は交通量がそれほど多くないので、比較的自転車は乗りやすい感じです。

ゆっくり景色を楽しめる速度でペダルを回していきます。皆で一緒にサイクリングすると何だかワクワク。

最初の立ち寄りスポットは道中のスイカ・メロン直売所。津軽地域のスイカ・メロンは今が旬です。さわやかな汗をかいた後はおいしさ倍増。その後は、鰺ヶ沢町名物の生干ししたイカを、さっと焼いて売る店が並ぶ「焼きイカ通り」でイカを食べ、日本海の潮風を感じながらゴール。今回は約14kmを2時間かけてゆっくり楽しむサイクリングでした。

「サイクリングが楽しめる宿」のうれしいポイントとしては、

■宿発着なので、手荷物の心配がない。

■ロードバイクがレンタルできる。乗ったことない人でも、レクチャーを受けて練習すれば大丈夫。

■ショート(約20km)・ミドル(約40km)・ロング(約70km)と、自分のレベルにあったコースをセレクトできる。ショートコースは普段自転車に乗らない方でも安心。

■必要に応じて、サイクリングガイドを依頼することができる。安全・安心にサイクリングを楽しみたい方におすすめ。

と、うれしいことがたくさん。

この宿発着サイクリングコースは、十和田湖や奥入瀬渓流が楽しめるホテル十和田荘(十和田市)や、夏泊半島の陸奥湾ブルーが楽しめる浅虫温泉南部屋・海扇閣(青森市)でも実施しています。

ホテルに滞在しながら、青森の大自然と旬な食を、サイクリングとともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

by りんごすたー

<各宿泊施設のサイクリングコース・宿泊プラン情報はこちら>

ホテルグランメール山海荘(鰺ヶ沢町)

https://aomori-cycling.com/accomodationplan-for-cyclist/#gran

ホテル十和田荘(十和田市)

https://aomori-cycling.com/accomodationplan-for-cyclist/#towada

南部屋・海扇閣(青森市)

https://aomori-cycling.com/accomodationplan-for-cyclist/#kaisen

<青森サイクリング情報総合案内サイト「AOMORI CYCLING」>

https://aomori-cycling.com/

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅