まるごと青森

twitter facebook rss

八戸の横丁めぐりで夜も更けて…

グルメ | 2018-10-25 00:56

絶賛開催中の八戸横丁月間。

こちらのグログで、横丁めぐりの1軒目「洋酒喫茶プリンス」を紹介したところで終わっていましたので、その続きを!

2軒目はサバ料理のパラダイス「サバの駅」

プリンスでおいしいカクテルをいただいた後は、前から行ってみたいと思っていた「サバの駅」へ。

ブランドさばである「八戸前沖さば」のオリジナル料理が堪能できるお店なのです。
六日町のバス通りに面しているので見つけやすいです。

来たら絶対食べようと心に決めていたメニューがこちら。
「銀サバの串焼き」です!
皮はパリッと、身はふわっとしていて、脂ののった鯖の旨さが存分に味わえます。
1本の串に、背の部分と腹の部分の両方が刺さっているのもうれしいです。

続いて、「鯖なめろう」。
ダイス状にカットされた鯖の身も入っていて、たたいた鯖と二つの食感が楽しめます。上に乗っているのは、青森県産長いも。
お酒にあわないわけがない。

どんどんいきます。
次は「づけ刺身3種盛り」です。
左から、サバのづけ、しめサバ、サバの味噌じめ。
それぞれ単品のメニューもありますが、これはセットになっているので、少しずつ食べ比べできてお得です。
サバの味噌じめは炙ってあり、香ばしい風味と甘みがあり、特に印象的でした。

締めは、やっぱりご飯もの。
「銀サバ棒寿し」です。
ああ、美しい…。鯖もお米も光っています。
ぱくっといただきましたが、見た目を裏切らないおいしさでした。

<店舗情報>
「サバの駅」
住所:八戸市六日町12 大松ビル1F
TEL:0178-24-3839

3軒目は、おひとりさま女子も立ち寄りやすい「origo」

職場の同僚から、気になるお店があるから行ってみて、と言われていたお店「origo(オリゴ)」です。
外観から、すでにおしゃれな感じが漂っています。
入り口のドアが全面ガラスで、中の様子が見えるので、初めての人でも入りやすいと思います。

店内も北欧のイメージで装飾されていて、とても素敵です。
何を頼もうかな〜とメニューを眺めていると、ものすごく気になるものを発見。その名も「よっぱらいパン」です。
よっぱらいの私はさっそく注文させていただきました。
すると…こんなにおいしそうなパンがでてきました!
いろいろたくさん入ってますよねー。

カシューナッツ、アーモンド、マカダミアナッツ、クルミ、ピスタチオ、クランベリー、イチジクの赤ワインコンポートを、赤ワインとシナモン入りのパン生地でくるんで焼いたものです。

一口ごとに味が変わり、とても楽しく、おいしいパンです。

こちらのお店は、自然派ワインを扱っていて、そのワインにもとても合いました。
ちなみに、県内ではなかなか飲めない自然派ワインも扱っているようですよ。

続いて、「サンマのコンフィ」、「鶏レバーペースト」、「お野菜の梅酢ピクルス」を注文。
「サンマのコンフィ」は、海水と同程度の塩水に3時間浸けたサンマを、110度ぐらいの低温の油で煮て作るそうで、骨までおいしく食べられる一品でした。

一緒に行った同僚は、「鶏レバーペースト、絶品!」と愛おしそうに食べていました。

ピクルスは、マスターのご親戚の方(南部町のアグリーデザインさん)が作っている「白梅酢」を使って県産野菜を漬けているとのこと。梅味でさっぱりしていて、おいしかったです。

マスターの豊川さん(南部町出身)です。
お話を伺ったところ、なんと、ロシア・サハリンにある日本総領事館の公邸料理人を2年間していたとのこと。
そして、帰国して1年後の2013年に、このお店を始めたそうです。

このお店は、店内の雰囲気も素敵ですが、マスターのお客様に対する気遣いもいいな〜と思いました。一人で静かに飲みたいときは、そのように、また、少し話したいなというときは、おしゃべりをしてくれて、ぐいぐいこない感じが、女子の一人飲みにはうれしいなと思いました。

お店の「origo」という名前は、映画「かもめ食堂」の主人公が使っていたイッタラのお皿の「オリゴシリーズ」からとったそうです。
「origo」でも、イッタラのお皿を使ってましたよ。

いち早くこのお店をすすめてくれた同僚は男性でした。私より女子の気持ちがわかるかも。

<店舗情報>
「origo(オリゴ)
住所:八戸市鷹匠小路4-8(たぬき小路)
TEL:0178-44-6633
営業時間:18時〜23時
定休日:4月〜12月は日曜日、1月〜3月は月・火曜日。ただし、イベント時は不定休あり。

ラスト4軒目は、映画の舞台にもなった「DA介」

いい感じで八戸の横丁をハシゴして、夜も更けてまいりました。せっかくなので、ラストにもう1軒行くことに。
「DA介(だすけ)」です。入り口がパンチがあります。
でも、中はもっとすごいんです!
「きれいにゴチャゴチャしている!」と言われるという店内。でも、なぜか妙に落ち着きます。

こちらのお店は、八戸市が舞台となった映画「ライアの祈り」のロケでも使われているんです。

4軒目ということで遅い時間だったのですが、マスターがいいよ!と入れてくださって席に着きました。ありがたいです。
そして目に入ったのがこれ。
これこそが、今、我々が頼むべきものだ!と思い、注文を。
こちら、生ビール1杯と、このお店の名物「サバ缶せんべい」のセットです。
八戸せんべいが、まるでカナッペのように使われています。
使うせんべいは、なんでもいいわけではありません。「いずもり」(八戸市)の「かる焼きせんべい」じゃないとダメなのです。
その上に、サバ缶に醤油をたらしてほぐしたものをのせています。
軽い食感のせんべいとサバ缶がとてもよくあい、もう一枚食べたかったですが、15分一本勝負ですので、ぐっと堪えます。
マスターとのおしゃべりも楽しく、次回は、もう少し早い時間に伺おうと思いました。映画の話もいろいろしてくださいましたよ。

<店舗情報>
「DA介(だすけ)」
住所:八戸市岩泉町11
TEL:0178-73-1314

今回、八戸の横丁を1日で4軒ハシゴしてみましたが、それぞれのお店に特徴があってとても魅力的でした。
また、横丁をめぐりながら、ここも気になる、あそこも行ってみたい、というお店が次々とでてきたので、早々に次回の計画を練りたいと思います。

みなさんも、魅惑の横丁ワールドを楽しんでみてください!

by はっしー

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅