まるごと青森

twitter facebook rss

冬とあそぼう!「十和田湖冬物語」が幕を開けました

観光スポット 体験 イベント・まつり | 2019-02-01 23:45

雪が多い県として知られる青森。「寒いし雪かきはもうウンザリ…春よ早く来い」と思っていらっしゃる方も多いと思います。わかります、その気持ち。

でも、冬だからこそ、雪が多い青森県だからこその楽しみ方もあると思うのです。

そこで、今回ご紹介するのは『十和田湖冬物語』です!

初日である今日、さっそく行ってきましたので、イベントの様子をちょこっとだけご紹介します。

イベント会場のメインゲート。この時点でテンションが上がります

 

【さっそく歩いてみよう】

テーマは「冬とあそぼう」。その名のとおり、冬ならではのイベント・展示・アトラクションが目白押しです!

まず目を引くのが、ステージに配置された大きな雪像!

大迫力の雪龍。隣りのお子さんと比べると、さらに大きさが際立ちます
こちらも今にも動き出しそうな大雪像。夢に出てきそう

ライトアップは毎日17時〜21時まで。その大きさを是非体感してください!

 

少しお腹が空いてきたな、ということで「雪あかり横丁」へ。

ここでは、小腹を満たすおやつ的なものから、がっつりラーメンまで、様々な美味しいお店が立ち並びます。寒くなったらここに避難しましょう
寒空の下に並ぶ赤提灯が、なんだか温かい気持ちにさせてくれます
こんな感じで店先に商品が並びます。焼きひめますに煮玉子にコンニャク…この他にも、冷えた体を温めてくれる美味しい食べ物がズラリ

また、毎週水曜日には横丁が「バル街」に変身とのことで、特別な飲み物・おつまみが楽しめるみたいですよ!

 

お腹も膨れたし、一杯飲みたい気分になったので、お次は「かまくらBar」へ。

「Bar」の文字が妖しく光るかまくら。中はどうなっているのでしょうか
中には雪でできたカウンターが。かまくらの中とは思えないオシャレな雰囲気漂うBarです。意外と広くて天井も高い!奥にもゆったりとした席があります

ジュースはもちろん、地酒やカクテルも楽しめます。「かまくら」という非日常的な空間で飲む機会なんて滅多にありませんし、お酒好きには迷わずオススメします!

 

【十和田湖冬物語は2/24(日)まで】

かわいい雪だるまが「USA」を踊っています。台座では、今の気温をお知らせしてくれていま…ま、マイナス7℃…!?
期間中、毎日20時になると「冬花火」が打ち上げられます。夏に見る花火とはまた違った味わいがあります

この他にも、「スノーバナナボート」や「冬”自転車”」などのアクティビティや、お子さんも大喜びの「雪のすべり台」が楽しめるスノーパークなど、『冬とあそべる』企画が盛りだくさんのイベントです!期間が長く、遊びに行けるチャンスが多いのも嬉しいですね!

今回は、ちょこっとだけのご紹介とさせていただきました。あとは実際に十和田湖に来て、体験してほしいです!

今年は冬とあそんでみませんか?

by パン万次郎

十和田湖冬物語実行委員会
場所十和田湖畔休屋 イベント特設会場(十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486)
TEL0176-75-2425
時間平成31年2月1日(金)〜24日(日)
平 日:15:00~21:00
土日祝:11:00~21:00
Webサイト十和田湖冬物語2019

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅