まるごと青森

twitter facebook rss

ニッポン全国鍋グランプリ5位の鍋とガチンコ勝負!!

グルメ | 2019-02-06 22:02

例年に比べて雪が少なく、暖冬と言われている今冬です。しかし、夜はさすがに冷えますね。そんな時はやっぱり「鍋」でしょう!
今回は先月行われた「ニッポン全国鍋グランプリ2019」で見事5位入賞を果たした「つがるにんにく塩こうじ鍋」を紹介したいと思います。大会当日の様子です。「つがるにんにく塩こうじ鍋」のテント前には長蛇の行列が!津軽弁でのPR活動もかなり効果的だったそうですよ。あまりにもネイティブ過ぎる津軽弁で、本当に通訳が必要だったそうです・・・・。
そして大会当日の「つがるにんにく塩こうじ鍋」です。地元素材をたくさん使っているのに加え、今回は特別に「ホタテ」の唐揚げを入れるなど、青森が凝縮されているんです。
そして「つがるにんにく塩こうじ鍋」の考案者がいるお店へお邪魔してきました。つがる市柏地区です。今回は仕事のご都合で、グランプリには参加できなかったのですが、地元ではその鍋に魅せられたリピーターがたくさんいるそうです。
店主の坂本さんです。地元素材を使うこと、家庭で気軽に食べることが出来ることをコンセプトに「つがるにんにく塩こうじ鍋」を考案しました。また、シイタケ、ゴボウ、カツオ等で味付けしたスープは店主も絶対の自信を持っています。

そしてなんと!!!「つがるにんにく塩こうじ鍋」と名前にはないのですが、青森県民が大好きな「唐揚げ」を入れるんだそうです!鍋に「唐揚げ」って食べたことないけど旨いのは間違いなし!!「こうじ」の風味を感じるために、つがるにんにく塩こうじ」は最後に投入するのがコツだそうです。
この瞬間待ってました!極限までに熱々にした鍋は、文字通り身体の芯まで温めてくれます。唐揚げが鍋に入っている光景は初めてみましたが、いい光景です(笑)
アングルを変えてもう一枚。思った以上に唐揚げが多く、ニラ、もやし、キノコ、ネギ、豆腐など思いつく具はほとんど入っています。ボコボコ煮だっている感じがたまりません。
味は濃いめにされているんですが、更に調味料もついてきます。上から、「塩こしょう」、「塩麹(辛味)」、「塩麹(ノーマル)」です。1個1個が味が濃厚で、そのまま白飯と食べても美味しいのは間違いないです。かなり贅沢に「豚バラ」と「唐揚げ」を同時に食べるのが「粋な」食べ方だとか。もちろん野菜も大量にあるので、栄養バランスもバッチリです。
気が付くと夢中で食べていました・・・・・。最後はもちろん「〆」の中華麺を投入です!にんにく塩こうじ」の効能なのか、身体があまりにも火照って、気が付くと腕まくりをしていました。ニンニクもたっぷり入っており、風邪気味の方にもおススメです。あまりにも身体が温まって腕まくりのまま帰宅したお客さん。話題の鍋と聞いて初めて訪れたそうですが、1週間以内にまた来ると力強く宣言し去っていきました。
「食事処しょう」さんは、もちろんお酒も飲めますし、お一人様用の「つがるにんにく塩こうじ鍋定食」もあるので、是非食べてください!食べないと絶対に損です・・・・。
他にも「つがるにんにく塩こうじ鍋」を頂ける店がたくさんあります。各店舗ともに独自の工夫をこらしており、食べ比べするのもアリですね!
寒い冬だからこそ旨い「つがるにんにく塩こうじ鍋」を是非!
お店で会いましょう!

BYよっちゃん

お食事処 しょう
場所青森県つがる市柏広須志野田168
TEL090-9635-9260
時間11:00~20:00
(火曜日は14:00まで)
料金にんにく塩こうじ鍋単品 800円
にんにく塩こうじ定食  900円ほか

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅