まるごと青森

twitter facebook rss

春限定!八戸の海のご馳走「あかはたもち」

グルメ | 2019-03-18 23:16

「あかはたもち」ってご存知ですか?

「もち」といってもお米の餅ではありません。
「あかはた」という海藻100%で作られた「もち」なのです。

3月17日に再開した八戸市の「館鼻岸壁朝市」に遊びに行ったら、その「あかはた」が売っていました!うれしくなって、思わず買ってきてしまいました。

「あかはた」は八戸市沿岸の岩場で春先に収穫される海藻で、あかはたを蒸して冷やし固めた「あかはたもち」は、この地域の郷土食。

浜どころ出身の私にとっては、「今年も春がきたなー」と、真っ先に春を感じる食べ物なのです。

早速、「あかはたもち」をつくりましょう!

赤みがかった幅広の海藻で、表面には小さなつぶつぶがあり、触るとざらざらしているのが特徴。
(ちなみに「あかばぎんなんそう」とも言うらしいです。全然ぴんときませんが。。。)

水で洗い、根元の硬い部分をちぎって取り除きます。硬い部分は蒸しても柔らかくならず、食感が悪くなるので、この作業、大事です。

あかはたを蒸し器に入れます。

蒸し器で柔らかくなるまでひたすら蒸していきます。
私は、蒸し器に直に載せましたが、布巾を敷いて蒸した方が、蒸した後、集めやすくていいかもです。

きれいな緑色になり、とろっととけてきます。
すりこぎなどで潰します。
器に平らに広げて、冷蔵庫で冷やし固めます。
一口サイズに切ったらできあがり。なんて簡単なんでしょう。

酢味噌をつけていただきます!
プルンプルンの食感と、磯の風味がたまりません。
しかも、海藻だけで作っているので、とってもヘルシー。

ちなみに、この日、八戸市中心街の「三春屋」さんに行ったら、地下の食品売り場に、生の「あかはた」のほか、食べるばかりの「あかはたもち」も売ってました。

もしかしたら、館鼻岸壁朝市でも売ってたのかもですが、自分でつくったものはものすごくおいしく感じました(笑)

みなさんも、春限定の海のご馳走「あかはたもち」を見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

by はっしー

 

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅