まるごと青森

twitter facebook rss

幾何学模様のデザインが美しい「こぎん硝子」〜白神ガラス工房(深浦町)〜

特産品・お土産 | 2019-03-25 23:16

青森県深浦町は、日本海に面しており、「世界自然遺産・白神山地」をはじめ、津軽国定公園の「十二湖」など豊かな自然に溢れています。

この自然が生み出す色彩をテーマにした製品や、青森県の伝統工芸品である「こぎん刺し」をテーマにしたテーブルウェアなどの製品を展開しているのが白神ガラス工房です。

数多くある津軽こぎん刺し模様の中から、弘前こぎん研究所の協力のもと、白神ガラスオリジナルの「こぎん硝子」が生まれました。

伝統的なこぎん刺し模様でありながら、モダンな幾何学デザインが光る「こぎん硝子」を紹介させていただきます。
ほのかに透き通る刺し子模様から、ガラスならではの美しさが表現されています。

こぎん硝子 ロックグラス
使われているこぎん刺し模様は「石畳」と名付けられ、青森の大自然の闇夜の美しさと生活文化が育んだ石畳に注がれる、静かな夜に灯る小さな光を紺色の図案に組み込んだものです。

こぎん硝子 中鉢・小鉢白神ガラス工房_こぎん硝子 中鉢・小鉢2
使われているこぎん刺し模様は「うろこ」と名付けられ、2種類のうろこの図案を組み合わせたものです。

こぎん硝子 グラスセット(グラス・巾着・コースター)白神ガラス工房_こぎん硝子 グラス手持ち2使われているこぎん刺し模様は「四季」と名付けられ、白神山地の魅力の一つである四季折々の美しさを図案として表現したものです。
巾着とコースターには「石畳」がデザインされています。

こぎん硝子 平皿
こちらも「四季」がデザインされたものです。

伝統工芸でありながらも、モダンで独創的な美しいデザインがとても印象的なものばかりで、見ているだけでも幸せな気持ちにさせてくれます。

日常のどんなシーンで使うのが良いでしょうか?

あなたなら、どんな風に使いますか?

4月から新年度が始まります。
新しいスタートともに、毎日使うお気に入りのアイテムに加えるもの良いかもしれませんね。

by トリッキー

白神硝子
場所青森県西津軽郡深浦町舮作鍋石226-1
TEL0173-75-2261
時間営業時間:午前9:00~午後6:00(11月~3月は~午後5:00)
料金ロックグラス ¥5,400-
中鉢 ¥4,860-
小鉢 ¥3,780-
グラスセット(グラス・巾着・コースター) ¥10,800-
平皿(大) ¥5,400- 
Webサイト白神硝子
その他定休日:11月は毎週火曜日定休、12~3月は冬期休業

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅