まるごと青森

twitter facebook rss

勝手に計画しちゃいました!青森の10連休の過ごし方!

グルメ 観光スポット イベント・まつり | 2019-04-26 22:00

いよいよ明日から待ちに待った10連休に突入ですね!(やったやったー!)

前回に引き続き、10連休に楽しみたい青森シリーズでお届けします。

 

過去に前例のない長期のGW。みなさんもうご予定はお決まりですか?

なんやかんやで計画を立てられないまま迎える方も多いのではないでしょうか。

また、あまり休みないのよね…という方もいらっしゃるかと思います。

そんな方でも大丈夫!青森のおすすめの10連休の過ごし方を前・中・後期に分けて勝手に計画したのでご紹介します!!

 

1 GW前半~弘前さくらまつりを楽しもう~

■弘前公園~弘前さくらまつり2019~

定番中の定番ですが、やはりここは外せないですよね!

「GWに入ったら弘前公園でお花見するのが毎年の恒例なんだ♪」という方も多いと思います!

毎年行ってる方もそうでない方にもおすすめしたいのが、人力車に乗ってのお花見!

「蔵人力車」のお兄さん。バックにお城と桜、似合ってます。

どーん!!かっこいいでしょ?かっこいいんです!(いつか乗ってみたかったの)

追手門から下乗橋までの約15分間、徒歩では味わえない優雅な時間を過ごすことができます。この気分、なんと申し上げたらよいのでしょう。うふふ。

乗車中の景色です!乗り心地最高です!

園内の説明はもちろん、ココ!!というところで写真撮影もしてくれます!

ちょっと目立っちゃいますが、大丈夫です!誰も見てません(笑)。恥ずかしがらずに乗っちゃいましょう!今までとは違ったさくらまつりの思い出ができるはずです。

天気が心配されますが、ユニークな出店がたくさんあったり、これからの時期は先週のブログでも紹介した「花筏」が見られたりと、まだまだ見どころがたくさんあります。さくらまつりはこの時期だけですから、思う存分楽しんでいってくださいね。

 

<弘前さくらまつり>

会期:2019年4月20日(土)~5月6日(月)

場所:弘前公園

参考Webサイト:公益社団法人弘前観光コンベンション協会

<蔵人力車>

電話:0172-34-2233

運行時間:9:00~16:00

 

■「クラフト&和カフェ 匠館」のかき氷

弘前公園でのお花見を終えたら一休み。インスタ映えのするかき氷を食べに行きましょう!

公園近くの藤田記念庭園内にある「クラフト&和カフェ 匠館」ではこだわりの自家製シロップを使用したかき氷が食べられるんです!(お、大きい!か、かわいい!)これは映えますねぇ~♡

手前が「いちごミルク(追いシロップ付き) 1000円」、奥が「春桜ごおり 800円」。

 

<クラフト&和カフェ 匠館>

住所:青森県弘前市白銀町8-1

TEL:0172-36-6505

営業時間:9:00~17:00

定休日:年末年始

 

■「津軽三味線カフェさし」で生演奏を聴く!

カフェ2連発で恐縮ですが、お時間のある方は、弘前市からひょいと黒石市まで足を運んでみてください。

津軽三味線の生演奏が聞けるカフェがあるんです。

「居酒屋」は聞いたことがあると思うのですが、「カフェ」はなかなか珍しいですよね。

迫力ある演奏で魅せてくれます!

この日は、渋谷幸平氏(第24回津軽三味線全日本金木大会チャンピオン)の演奏でした。

一流奏者の演奏を聴きながらお茶できるなんて…。とても贅沢な時間です。

気軽に津軽三味線の体験もできるそうですよ!(事前にご連絡されてから行くのが確実です。)

 

<津軽三味線カフェ さし>

住所:青森県黒石市大字浅瀬石字川合189-9

TEL:090-3982-2526

営業時間:9:30~16:30

演奏時間:①10:00~10:30 ②12:30~13:00 ③15:00~15:30

定休日:月曜日&不定休

※5月3日~5日はお休みです。ご注意ください。

 

 

2 GW中盤~下北地方で絶景を楽しもう~

■かさまい大畑桜ロードで令和最初の桜を!

先週もちらっとご紹介した「来さまい大畑桜ロード」。

まだつぼみだった国道279号線沿い約8㎞にもわたる約1400本の桜並木もGW中ごろには満開の桜が楽しめるはず。これは行って見なければ!

 

【来さまい大畑 桜ロード】

参考Webサイト:大畑町商工会

 

■津軽海峡文化館 アルサス横の「ちょこっと」で絶品“うにぎり”

桜を楽しんだ後は、仏ヶ浦へ向かいます。

途中、佐井村の津軽海峡文化館 アルサス横の「ちょこっと」へ。

ちょこっと全景

ウニで有名な佐井村。ここに、佐井産の塩ウニと岩のりを使った超贅沢なおにぎり“うにぎり”があるんです。

割ったおにぎり
うにぎりを割ってみた。の図

1日計10個限定という貴重な“うにぎり”。絶対にGETしてくださいね!

 

<アルサス横「ちょこっと」(佐井定期観光株式会社)>

場所:青森県下北郡佐井村大佐井112

TEL:0175-38-2255

FAX:0175-38-4525

時間:10:00~16:00(不定休)

 

■仏ヶ浦で絶景を!

そして目的地の仏ヶ浦へ。ちょっとくねくねした国道(が、我慢してください)を進むと、見えてきました!絶景!!

展望台付近からの景色です。これには言葉を失います!

国道沿いの駐車場から標高差100メートル近くある遊歩道を降りていくと巨岩を近くで撮影できますよ。行ってみましょう!

圧倒されまくりです。海の色もとってもきれいなエメラルドグリーン!癒やされる~

運動不足のためか、階段の昇り降りがかなりきつかったです。覚悟して行きましょう!また、砂浜を歩くので歩きやすい靴で行きましょう!

野生の下北サルにも会えるかも♪

 

<仏ヶ浦>

場所:下北郡佐井村長後縫道石地内

参考Webサイト:佐井村

 

3 GW後半~種差海岸でリフレッシュ~

■種差海岸で潮風トレッキング

連休の後半は、種差海岸線に沿って、移りゆく目の前の景観を楽しみながら歩く「潮風トレッキング」はいかがでしょう。

ウミネコのミャアミャアという鳴き声が響き渡ります。

ウミネコで賑わう蕪島からスタートして、

ここから太平洋が一望できます。ジブリ映画のようなファンタジックな世界観に浸れちゃう?

旧日本軍のレーダー基地の跡地、葦毛崎展望台を通って

中須賀。もうちょっと暖かくなれば遊歩道沿いに花々が咲き誇ります。

この日は中須賀まで。体力に自信のある方は、蕪島から南東の同市大久喜までの約10kmに挑戦してみてくださいね。静、中、動を兼ね備えた自然の美しさに、心も体もリフレッシュできること間違いなしです。

 

<種差海岸>

参考Webサイト:八戸市観光情報サイト 八戸観光NAVI

 

■ぜひ立ち寄りたい「波光食堂」

やっぱり種差海岸に来たら、海の幸をいただきたいですよね!

そんな時は、「波光食堂」に行って、人気メニュー「磯ラーメン+ミニ生うに丼(2,000円)」を贅沢に食べちゃいましょう。トレッキングの後に食べれば、罪悪感ゼロです!

キーインフルエンサーの寺田直子氏

 

<波光食堂>

場所:青森県八戸市鮫町棚久保14

TEL:0178-38-2433

時間11:00~18:00 年中無休(年末年始を除く)

※4月30日はお休みです。ご注意ください。

 

■八戸屋台村 みろく横丁

夜はみろく横丁で思う存分楽しみましょう。八戸市中心街にある全26店舗の屋台村です。

先日4月18日にリニューアルオープンしたばかり。過去最多の12店舗が新規出店して、一層パワーアップしました!

この横丁に行けば、八戸のことが大好きになること間違いなしです!

画像提供:㈲インターメッツォ
画像提供:㈲インターメッツォ

 

<みろく横丁>

参考Webサイト:八戸屋台村 みろく横丁

 

以上、私が勝手に計画した青森のおすすめの10連休の過ごし方でした。

前回の記事「10連休中に楽しみたい 必見!青森県の「三大〇〇」をご紹介」と併せて、県内各地を巡ってみてください!きっと充実した楽しい連休になるはずですよ!

By REN

 

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅