まるごと青森

twitter facebook rss

【紀元前13,000年】日本最古級の縄文土器に出会える場所

観光スポット | 2019-05-31 09:02

ユネスコ世界文化遺産への登録を目指している、青森の縄文遺跡群。

その遺跡のひとつ、大平山元遺跡が、津軽半島の北東部に位置する外ヶ浜町にあります。

「おおだいやまもと」と読むこの遺跡からは、なんと日本最古級の土器のかけらなどが発掘されたそうです。

紀元前13,000年。

ということは、今から15,000年も前。

頭がくらくらするような、遠い時代です。

そんな時代の貴重な品々を展示している「大山ふるさと資料館」に行ってみました。

 

「大山ふるさと資料館」という名前からしてレトロな風情が漂っていますが、行ってみるとやはり味わいのある魅力的な建物でした。

もともとは大山小学校の校舎だったそうです。1999年3月で廃校になってしまいましたが、その校舎を活用し、2001年4月に資料館として生まれ変わりました。

こちらが入り口のようす。

大山ふるさと資料館の入り口

 

内部にはこのような廊下が伸びています。

旧大山小学校の廊下

とても静かな空間です。ここに立っていると、こどもたちの元気でにぎやかな声がリアルによみがえってくるように感じます。

この建物が小学校だったころの品々も展示されていて、表紙に版画が載っている色あせた文集や、スキーの授業や食事風景などの白黒写真から、当時の学校生活の雰囲気が伝わってきます。

旧大山小学校の品々

そして最大の見どころであるメインの展示物、15,000年前の土器片(どきへん)がこちら。

15,000年前の土器片(どきへん)

続いて、石鏃(せきぞく)。こちらも同じく15,000年前につくられたものです。

15,000年前の石鏃(せきぞく)

石鏃とは、石でつくられた鏃(やじり)のこと。縄文時代の人たちはこのような道具をつかって、シカやイノシシといった動物を狩る生活をしていました。この石鏃は1998年の民家建て替えの際に発掘されたもので、2019年4月1日に県重宝の指定を受けたそうです。

 

ドキヘン。

セキゾク。

正直なところ、ただの石ころのようにも見えます。

でも、

はるか遠い時代、ここで、このような道具をつくっていた人たちがいた。

そして、それをつかって生活を営んでいた大人たちやこどもたちがいた。

そんな想像をめぐらせると、縄文時代の人たちの暮らしぶりがいっきに身近なものに感じられます。時間の大きな隔たりよりも、むしろ現代との結びつきを強く意識させられて、ついつい展示物に見入ってしまいます。

 

ところで、なぜこの地域から多くのモノが発掘されたのでしょう?

どうしてどこか別の場所ではなく、この場所だったのでしょう?

その秘密を解く手がかりのひとつが、頁岩(けつがん)なのだそうです。

頁岩(けつがん)

あまり聞き慣れない名前かもしれませんが、頁岩というのは、水の底にたまった泥が時間をかけて固まったもの。層のように水平に積み重なっているため、薄い板状に剥がれやすいという特徴をもっています。

大平山元遺跡があるのは蟹田川の中流。このあたりは質のいい頁岩の産地だったそうです。頁岩は縄文時代の道具づくりの材料として欠かせないものでした。縄文時代の人たちはこのエリアで良質な頁岩を手に入れ、道具づくりに励んでいたと推測されています。

 

そのほかの展示物としては、削器や石刃、石斧などがあり、旧石器時代の後期から縄文時代の草創期までの移り変わりをたどることができます。

石刃(ナイフ)

 

さて、縄文時代からいっきに現在に近づきますが、この資料館には、地域の人たちから寄贈された生活文化財、いわゆる民俗資料も保管されています。昭和時代のものが中心ですが、中には大正時代以前の資料も含まれているそうです。

まずは農業展示室。

昔の田植え機や除草機、足踏み式の脱穀機などが展示されています。

農業展示室

そのとなりは、漁業・林業展示室。

漁業・林業展示室

写真にある木製の船は、伝承技術によって2007年に製作されたものです。「津軽海峡及び周辺地域における和船製作技術」は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

衣食住展示室

最後は衣食住展示室。

地域の歴史や昔の暮らしぶりを物語る品々に囲まれて、時代をワープしたような、特別な気分を味わえます。

昔の駅で活躍した運賃表も展示されています。1968年頃の三厩(みんまや)駅で使用されていたものだそうです。

1968年頃の運賃表

「大山ふるさと資料館」のちかくにある大平山元遺跡には、2019年5月現在、遺跡の概要を紹介するパネルが設置されています。近い将来、青森の縄文遺跡群がユネスコ世界文化遺産に登録されたら、この大平山元遺跡にもたくさんの観光客が訪れるはず。そのときに備えて、外ヶ浜町では遊歩道や駐車場の整備など、観光客の受入体制づくりを進めていくそうです。

大平山元遺跡のパネル(顔はめパネル)
目印「ここから土器片」

日本最古級の縄文土器が発掘された大平山元遺跡。

ぜひ一度この場所を訪れて、魅惑的な縄文時代に思いをめぐらせてみてはいかがでしょうか。

by エムアイ

大山ふるさと資料館
場所〒030-1307
青森県東津軽郡外ヶ浜町字蟹田大平沢辺34-3
TEL0174-22-2577
FAX0174-22-2577
時間9:00~16:00
休館日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始
料金無料
Webサイト外ヶ浜町 大山ふるさと資料館

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅