まるごと青森

twitter facebook rss

【日本料理 百代】出汁が決め手!青森スペシャルな寄せ鍋

グルメ | 2019-12-17 00:00

突然ですが、みなさんが寒い季節に食べたくなるものはなんでしょうか。様々食べたいものがあるかと思いますが、寒い季節の代名詞の一つとして鍋は外せません。特に年末年始が近づくと、仲間内で集まって鍋という機会も多いのではないでしょうか。

と言うことで、今回は青森市にある日本料理百代さんで、青森ならではのスペシャルな寄せ鍋をオーダーしましたので、ご紹介いたします。

珍味中の珍味で出汁をとったスペシャルな寄せ鍋

青森ならではのスペシャルな寄せ鍋というと皆さんはどのような鍋を想像しますか。今回青森ならではの鍋をとお願いしたところ、作っていただいのがこちらの鍋。

新鮮な具材が並ぶ

具材は白子をはじめ、青森県の新鮮で良質な魚介類が並び、まさしく青森ならではの寄せ鍋といえるでしょう。しかし、青森の新鮮な具材だけではスペシャルな鍋とはいえません。そう、一番の特徴は具材ではなく鍋の出汁にありました。

なんと、知る人ぞ知る珍味中の珍味、希少な高級食材のフジツボで出汁をとっているんです。

出汁が決め手の青森ならではの鍋(一人前2,000円)

知らない人に向けてフジツボについて簡単にご説明すると、フジツボは正式には「ミネフジツボ」といい、かつて養殖ホタテの貝殻に付着して育ち、厄介なものとして捨てられていました。

それもそのはず、海底の泥を吸って育つことから泥臭さが抜けず、煮ても焼いても食えないとされていたからです。

そんなフジツボが珍味とされ食べられるようになったのは、百代の料理長である浪打さんが試行錯誤の上、泥の吐かせ方を見つけ出したことが始まり。かつては買い求めると木箱代だけでいいともされたフジツボも今では首都圏の高級料亭から引き合いがあるほどの高級食材に。ホタテの貝殻を使ってフジツボを養殖している漁師さんが現れるまでにいたりました。

そんなストーリーを持つフジツボ、実際にはどんな味かと言うと、エビやカニとも違う魚介類を濃縮したような濃厚な旨みと香り高い磯の風味が口の中に広がる癖になる美味しさ。その濃厚なフジツボの旨みがこの寄せ鍋の出汁に凝縮しています。

濃厚なフジツボの出汁が具材に染みこんでいく
身がしっかりとした白子とタラの切り身。
具材の出汁とフジツボの出汁に合わさり、魚介の香りと濃厚な旨味が口いっぱいに広がる。

フジツボの出汁は濃厚な旨味で当然美味しいのですが、それに負けていないのが、それぞれの良質な具材。白子のプリっとした食感や肉厚なタラなどの切り身。どれもしっかりとした旨味があり、箸が止まらなくなります。

最後は出汁の旨味が詰まった雑炊で〆

十分に鍋を堪能した後は、鍋の〆として雑炊をいただきます。

濃厚な旨味のあるフジツボの出汁に、具材の多種多様旨味が溶け込んだ残り汁。その旨味が凝縮した汁をたっぷりと吸い込んだ雑炊は、一度口に入れると止まらなくなります。

出汁の旨味をたっぷりと吸った雑炊

さらに、食欲をそそるのがこちらに特製のなんばん味噌。なんばん味噌の小さく刻んだ大根やにんじんの少し硬めな食感と味噌やシソの実の塩気と風味がアクセントに。

なんばん味噌の塩気と食感が、雑炊に抜群に合います。

青森スペシャルな寄せ鍋、いかがでしょうか。フジツボの出汁香る寄せ鍋は中々食べる機会が少ないのではないでしょうか。

事前に電話で確認していただければ、こちらの寄せ鍋を作っていただけるとの事。是非一度お試しください。

Byひらぱー

日本料理 百代
場所〒030-0802 青森県青森市本町2丁目3−11
TEL017-735-2266
時間11時00分~14時00分
17時00分~23時00分
料金今回の特別に注文した鍋
一人前 2,000円
Webサイト日本料理 百代

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅