まるごと青森

twitter facebook rss
三内丸山遺跡の「栗ソフト」

三内丸山遺跡の「栗ソフト」

グルメ | 2005-05-13 14:03

ひさしぶりに三内丸山遺跡にいってきました。

kurisoft

いつ行ってもその不思議さと在りし日の人々の営みを思うと、遺跡の中で思わず「目を閉じて」、浸ってしまいます。

毎年調査発掘されながら、来場者への機能を強化してきた三内丸山遺跡ですが、平成13年には「縄文時遊館(じゆうかん)」が誕生しました。こちらは三内丸山遺跡を歩く方々のためのビジターセンター的な役割を持った施設です。
出発前に、三内丸山遺跡のいろいろとちょっとお勉強ができたりと、ここを起点にしてスタートいただけるところです。

六本柱を見てその不思議さに思いを巡らし、大型住居の静寂さに在りし日の営みを思ったり、心が豊かになるその興奮のまま、時遊館に戻ってくると、決まって「のどが渇いて」います。

kurisofut2

そんな私の定番が、時遊館の「栗ソフト」。
修学旅行の高校生がむしゃむしゃ食べていたのを見て、気になったのがきっかけだったのですが、このソフト、単なるソフトクリームじゃありません。
しいていえば、「大人の味」です。
高校生諸君はどう思って食べていたかはわかりませんが、
モンブランを思わせるクリームは、しっかりとしたくりの風味がありつつも、甘さがぐっと抑えられて、くりの自然な甘さのような感じにさせます。

さらにこのソフトのすごいところは、「食べ終わりがさわやか」なこと。
濃厚で後味すっきり。
まさに「大人の味」なんです。              ↑この手タレは、キムラさんです。
くりを栽培し常食していた縄文人にはちょっと物足りないかも、と思いつつ現代人の私にはぴったりです。
byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅