まるごと青森

twitter facebook rss
ブナコのランプシェード

ブナコのランプシェード

特産品・お土産 | 2005-07-05 14:14

ブナコ = LOHASスタイル

ブナコのランプシェード

先日、弘前市のブナコさんにおじゃましてきました。
ブナコは、ブナの薄い板を数ミリから数センチのテープ状に切り、芯になる板の側面にバームクーヘンのように巻き付け、そのテープをずらしながらせり上げることで、うつわやトレイにしていくという、昭和30年代に青森県で開発された革新的な技術です。

こんな独自でユニークな製法は、年輪を思わせる美しい模様が浮かび上がるというこれまでの木工品になかったシルエットを生み出しただけでなく、従来の技術ではできなかった美しい形状も表現できるなど、木製品のデザインの可能性を大きく広げています。

bunakoranpu2

さらには、ブナコの薄板に明かりを透過させると、「ブナコレッド」という赤いようなオレンジのような燃えるようなレッドが木が持つ模様と一緒になって浮かんできます。
 テーブルウエアが中心のブナコが、こんなこともあって、インテリアとして今、とても注目されています。
 
 もう一つの注目は、ブナコの製作は資源を無駄使いしない、ということです。
 木のお椀やお皿を角材から掘って作ると、仕上がり品以上の木くずがでます。
 ブナコは、天然資源を大切に使いながら、プロダクトデザインの可能性が広がり、用途の幅もあり、さらに長寿命。

 そう、ブナコはまさに「LOHASスタイル」なんです。

 そんなブナコとコラボレーションするインテリアショップが弘前市の土手町にあります。
 ビルの2階にあるそのお店に入ると、感度のいいセレクトのインテリアと一緒に、まるでブナコのショールームでは、と思わせるほどのブナコのインテリアが店内を飾っています。
 金属じゃない、木の持つ落ち着きと、デザイン。
 和・洋、リミックス、似合う場所が多いのもブナコランプの特徴です。

 ハイブリッドカーに乗る人。
 ブナコを使う人。
 なんか、かっこいい。
 LOHASスタイルは青森に似合います。  byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅