まるごと青森

twitter facebook rss
ヤマセが育てたおいしいこかぶ

ヤマセが育てたおいしいこかぶ

特産品・お土産 | 2005-09-05 16:56

 「かぶ」といえば秋から冬にかけてが旬ですが、青森には夏から初秋に旬をむかえる美味しい「こかぶ」があります。知っている人にはすっかり有名な「野辺地のこかぶ」です。
 野辺地町は冷夏の原因となるヤマセ(オホーツク海から東北地方北部に吹きつける冷たい北東風)の常襲地帯です。冷夏に見舞われることもしばしばですが、このヤマセがもたらす冷涼な気候こそ、こかぶの生育にピッタリなのです。

ヤマセが育てたおいしいこかぶ

 6月から10月にかけてが出荷のピークです。より新鮮なまま全国にお届けするため、気温が上がらない夜明け前の午前3時頃から収穫します。

皮までおいしい野辺地のこかぶ

yamasekabu2

 ヤマセが育む野辺地のこかぶは、絹のようになめらかで、皮がうすく、驚くほどジューシーです。皮をむかずに生でそのまま食べてもとってもやわらかく、しかも甘~いのです。浅漬けにしてもおいしくいただけますが、素材の味を生かした味噌カナッペがイチ押しです。
 県内の主なスーパーでお買い求めできますし、JA野辺地町からもお取り寄せ可能です。

by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅