まるごと青森

twitter facebook rss
香り深い焼酎「稲本屋利右衛門」

香り深い焼酎「稲本屋利右衛門」

特産品・お土産 | 2005-09-16 17:01

焼酎ブームも落ち着きを見せ、今では定番となった本格焼酎。少し前までは右を向いても左を向いても「芋」だらけでしたが、この頃は様々な原料にも脚光が浴びるようになってきました。

そんな中でも異彩を放っているのが吟醸粕取焼酎。
吟醸酒を造る課程で作り出される吟醸粕のみを原料に作られるもので、他の焼酎とは一線を画した鮮烈さが特徴です。

十和田市にある鳩正宗は、”八甲田おろし”という銘柄を主力に、清酒鑑評会やモンドセレクションでも安定した評価を得てる酒蔵ですが、ここで昨年から作り始めたのが吟醸粕取焼酎「稲本屋利右衛門」です。

香り深い焼酎「稲本屋利右衛門」

創業者の名前を冠したというこの焼酎、大吟醸クラスの吟醸香を放ち、一口含んだときの鼻に抜ける香りとまろやか味わいは吟醸酒そのものなのに、33℃という高めのアルコールと蒸留酒ならではの切れのせいか後味すっきり。
食後酒としていただくのが一番適しているようです。

ワイン(=醸造酒)の搾り粕で作る蒸留酒「グラッパ」をモチーフに、和製スピリッツとして位置づけられたこのお酒はデザインにも凝っていて、グラッパボトルのシルエットと上品なラベルがかなりお洒落です。

残念ながら小売りはされていませんが、青森県内では鳩正宗を置いてある飲食店などで取り扱っているようです。
東京でもアトレ品川の”the ZEN”など幾つかのお店で飲めるようです。

今年も新酒ができると聞いているので楽しみです!     YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅