まるごと青森

twitter facebook rss
南部地方の在来種 あんずの「八助」で杏仁豆腐

南部地方の在来種 あんずの「八助」で杏仁豆腐

特産品・お土産 | 2005-10-31 17:16

この「あんず」 地元では「八助梅」と呼ばれています。

南部地方の在来種 あんずの「八助」で杏仁豆腐

天平の時代から唐桃(からもも)とよばれ、江戸時代には果実を食べ、種子の核(杏仁:あんにん)を薬として利用してきた「杏(あんず)」ですが、南部地方には、大玉で肉厚・緻密な果肉を持つ「八助(はちすけ)」という在来種の杏(あんず)があります。
甘味と酸味を兼ね備えているため、シソ巻きの梅干しとして加工され、名川町などの特産品となっています。
・・が、八助も杏(あんず)。固いタネの中にある核の部分はもちろん、杏仁(あんにん)。
名川町の達者村の方々にお声がけして、タネをいただき、杏仁豆腐にチャレンジしました。

yasuke2

でかい梅干しのタネよりもまだでかい八助のタネを、静かに金槌でコンコンと割ると、中から出てきたのは、アーモンドだ、と言われても間違わないほどの立派な「ナッツ」。
アーモンドに比べちょっと薄いですが、杏仁をパウダーにした杏仁霜(きょうにんそう)のルビもアーモンドパウダーと書かれています。実物をみて納得でした。

やってみようと思った動機は、とある漫画に書かれていたレシピを見つけたから。
このレシピを参考に我流で試したのが次のレシピです。

①杏仁を25粒水に浸し、2時間ぐらいおいて、茶色の薄皮を取ります。
 (真っ白な実がでてきます。)
②これをすり鉢で少し水を入れながら、摺ります。
③②を布で漉します。(きれいな牛乳のような液体で、杏仁豆腐の香りがします。)
④氷砂糖100グラムを400ccの水で煮て、シロップを作ります。
⑤水400500ccに粉寒天(スティックタイプ4g)を入れ弱火で沸騰させ、はちみつを大さじ4ついれます。
⑥沸騰した⑤に③を入れ、一煮立ちさせ、火を止めます。
⑦⑥に人肌ぐらい温めた牛乳200ccを入れて終了です。
⑧好きな入れ物に⑦を入れ、冷やし、冷たくした④をかけて完成です。
⑨お好みでクコの実を飾ってもいいですよ。

yasuke3

できあがりは「本格的な杏仁豆腐」。
喉をとおした後、抜けるように杏仁の香りが訪れ、ついついスプーンを運ぶスピードが上がっていくおいしさがあります。
何度かの実験が週末の我が家で行われ、子ども達から「おかわり」の催促が来る、そんなマイブームとなっています。
杏仁は、咳止めや去痰など風邪の諸症状に良いらしく、これからの季節にマッチするデザート。
漢方薬店などでも杏仁を求めることができるようです。
結構楽しめます。  byなおき
※ちょっと堅かったので訂正しました(笑)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅