まるごと青森

twitter facebook rss
謎の世界写真機博物館

謎の世界写真機博物館

観光スポット | 2005-11-17 19:22

板柳町にはなぜか「世界写真機博物館」なるものがあります。
板柳町の商店街、それ自体が大きなピンホールカメラになっているという建物に入ると、まずは所狭しとひしめくカメラに圧倒されます。

ここには、館長を務める工藤重美さんが、日本だけにとどまらず、世界各地を飛びまわり集めた、カメラの名品、珍品、その他諸々、2000台以上のカメラが展示されています。

謎の世界写真機博物館

カメラ史上最高価格だったと言われる「コンタフレクス35」や、世界最初の総金属製カメラと言われる「ホクトレンダー」、名もないプラスチックボディのカメラ等々、貴重なものからそうでないものまで、館内はこれでもかというほどのカメラで埋め尽くされています。
また、津軽塗をボディに使用した工藤さん手作りのカメラ「大撮映機」、宇宙開闢に遡ってカメラの歴史を辿る廊下天井の年表、工藤さんのスケールの大きさとユーモアに溢れた仕掛けもなかなか楽しめます。

抜群の行動力で集めた工藤さんのコレクション。
「世界写真機博物館」なんて名前だけなのでは?と思ったりもしましたが、想像以上に見応えがありました。
板柳町に行った際には立ち寄ってみると面白いですよ。
YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅