まるごと青森

twitter facebook rss
天中華

天中華

グルメ | 2005-12-16 17:37

いまや五所川原市の代名詞となった立佞武多3台を常設展示する「立佞武多の館」。この裏手に一軒の小さなお店があります。亀乃家。明治の終わり頃から続いている、伝統ある食堂です。

亀乃家は、明治後期に初代・金川亀吉さんがそば・うどんの店を開いたのが始まり。努力家だった亀吉さんは、おそらく青森県内で初めて鍋焼きうどんを店で出すなどお店を成長させ、その所業は市史においても「裸一貫から今日の味を築いた氏の歴史は、実に血と汗にまみれた苦闘史で、若き者の学ぶべき点が多々ある。」と評されるほどでした。
その後も順調に店は大きくなり、一時は中心商店街に大きな建物をかまえるまでになりましたが、右肩上がりばかりが続くわけもなく、やがて少しずつ身代は傾き、いつしか裏通りの小さなお店へと移ることを余儀なくされました。今は四代目和弘さんがお客さんを大事にした商売をしています。

tenchu

亀乃家の名物といえば「天中華」。もともとそばがメインの店なので、カウンターの上には普通にかき揚げなどもあがっており、ある日、中華を食べていたお客さんが「そのかき揚げ、これに乗せてくれないか」と注文されたのが天中華の起源。ずっと隠しメニューの一つとして常連客の間で評判だったのですが、5年ほど前からはメニューにも並ぶようになりました。

かき揚げ自体にも一工夫されており、普通は小エビが使われるところ、ここのかき揚げにはホタテが入っているのです。青森県の特産品を何か使いたいと考え、生まれたものです。
中華そばとかき揚げの一風変わった組み合わせですが、あっさり味の中華とかき揚げの組み合わせはなかなかのもので、食べてみると意外に違和感なく食べれてしまいます。最初はあっさり味の中華を楽しみ、じょじょにかき揚げから旨味が溶け出し、後半はコクのある中華を楽しめたりします。
 by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅