まるごと青森

twitter facebook rss
青森県北浜のホッキ貝 解禁しました!

青森県北浜のホッキ貝 解禁しました!

特産品・お土産 | 2005-12-26 17:41

ホタテが貝の王様なら、ホッキ貝は女王様!

青森県北浜のホッキ貝 解禁しました!

青森県側太平洋、12月1日からいよいよホッキ貝漁が解禁しました。

「ホッキ貝」というのは通称で、正式名称は 「ウバガイ」 。
ハマグリを大きくしたような、重厚で、丸みをおびた二枚の貝殻が特徴です。
冷たい海水を好み、鹿島灘以北から北海道にかけての浅海の砂底に生息しています。
北海道で「北寄」と呼ばれていたのが、商品の流通の広がりと共にホッキ(北寄)貝となったようです。

ほっき貝の寿命はな、なんと「30年」と言われています。
こんな長寿の貝だから「姥(うば)貝」と言われたのでしょうか。
だからこそ、成長も遅く、殻長が7cmになるのにも10年近くかかるようです。

ほっき貝の足の部分(△の部分)は、生の状態では「紫色」、熱を加えたり酢で締めると「桃色」になります。
シコシコした歯ざわりと、独特なミルクのような甘味を持ち、寿司ネタとしても扱われています。
ほっき貝の産地としては、北海道が有名ですが、築地では三陸沖で取れるものが上品とされているらしいです。

その三陸産と言われる中心が三沢市・百石町を含む、北浜海域。
12月から3月までが漁期です。
カナダ等からの大量に輸入される冷凍むき身が主流の中で、養殖できない貴重な天然ほっき貝こそ、産地でたらふく食べたいところです。

ほっき貝料理で衆目の一致するところは、バター焼きのようですが、産地で捕れ捕れをたっぷりといただきたいなら、しゃぶしゃぶやお刺身です。
もちろんお刺身で十分いただけるほどの貝をさっと湯で引くと、ピンク色に変わり始めます。熱をちょっと加えるだけで、ほっき貝の独特な甘味が凝縮され、コリコリシコシコが強まっていきます。

お皿にはほっき貝のヒモ、そして貝柱もあります。
こちらは湯引きを強めにして、コリコリ感とうまみを楽しみたいところです。

3月までのお楽しみの本番は、これから!
地元では産地値段で1個、100円ほど。
箱買いしたくなります。  byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅