まるごと青森

twitter facebook rss
雪に守られた森 ・・・冬の白神山地

雪に守られた森 ・・・冬の白神山地

体験 | 2006-01-12 16:43

今年は日本中雪が多くて大変ですが、
真っ白に雪化粧した街を見ていると、去年行った「冬の白神」を思い出します。

昨年2月、
諸般の事情で冬の白神山地をトレッキングすることなった私。
もともとトレッキングなどにはあまり関心がなかったので、
まして雪山のトレッキングとなると・・・だったのですが、
これが実はとてもとても素敵な体験でした。

西目屋側からの白神山地の入口、
「アクアグリーンビレッジANMON」の近くでガイドさん達と合流。
スノーシュー(現代版かんじき)を履いて一歩山に入れば、そこはもう世界遺産地域。
ただし、そこには春の萌黄色でもない、夏の深緑色でもない、秋の山吹色でもない、
純白のブナの森が目の前に広がっています。

雪に守られた森 ・・・冬の白神山地
雪に守られた森 ・・・冬の白神山地
雪に守られた森 ・・・冬の白神山地

新雪の雪山を歩くのは思った以上に楽しく、ガイドの後ろをついて進んでいくと、
普段は白神の植生を守るために入り込めないところもあるけど、
雪が降り積もった冬は自由に歩いていいのだと教えられ、
ああ、そういう楽しみ方もあるんだと納得。
山の中でブナとコケの共生関係、ブナの幹が水を吸い上げる音の秘密など、
いろんな話を聞きながら周りを見渡していると、
ああ、この場所に一人でいたら死ねるな!
と自然に対する畏敬の念を覚え、少しだけ自分を省みたりも。
帰り道で30メートルほどの斜面にさしかかると「はい、滑り落ちて」と言われ、
少しためらいながらもやってみると想像以上に楽しく、
子どもの頃は雪が積もった斜面をよく滑り落ちていたことを思い出したりもしました。

白神をよく知るガイドの人たちの多くが、
白神の本当の魅力を感じたかったら、冬の白神を経験する必要があるといいます。
雪が白神を育んでいるのも一つの事実なのです。
ここは雪に閉ざされているのではなく、
雪に守られているんだとガイドさんは話してくれました。

荒涼として広大な冬の白神の自然の中に身をゆだね、
子どもの頃のように過ごすこの開放的な時間は、
心が疲れている人にお勧めです(笑)。 by YOSHIHITO

※冬の白神のトレッキングはガイドなしでは危険です。
ガイドの情報については、
西目屋側であれば「ブナの里白神館」(TEL.0172-85-3011)、
岩崎側であれば「サンタランドいわさき」(TEL.0173-77-3311)
にお問い合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅