まるごと青森

twitter facebook rss
極小粒うるち米『つぶゆき』

青森生まれのスーパー玄米 極小粒うるち米『つぶゆき』

特産品・お土産 | 2006-01-16 16:59

日本一の「りんご産地」として有名な青森県は、実は国内有数の「お米産地」でもあります。

青森を代表するお米は何といっても『つがるロマン』
お米のソムリエとして有名な西島さん(スズノブという米屋さんの社長)は、「淡泊であっさりした『つがるロマン』は、こってりした洋食には物足りないけれど、薄味の日本食や淡泊な朝食にはぴったり!」と高く評価しています。そして「子供が朝食を食べなくなったのは、味が濃く朝食と相性が悪いお米を選んでいるからでは?」とご自身の著書「ごはん革命」でも述べられています。

さて、お米もスゴイ青森に、さらにとんでもないお米がありました。
日本で初めての極小粒うるち米『つぶゆき』です。

極小粒うるち米『つぶゆき』

(一合升に入った『つぶゆき』。その小ささ分かってもらえますか?)

『つぶゆき』は、玄米の形が円に近く、大きさが普通品種の60%程度しかない小さくて丸いうるち米です。白米で炊き上げると粘りが弱くパラパラとした食感になり、ピラフやチャーハンでおいしくいただけますが、玄米で利用することによって、そのパワーをより引き出すことができます。

胚芽の部分は胚乳ほど小さくないので、白米に同じ量を混ぜるなら、一般品種の玄米より、玄米数で約1.5倍、玄米成分で約1.4倍も多く摂取できるのです。同じ玄米成分を摂取するなら、普通品種の玄米より少量で良いことになります。

青森生まれのスーパー玄米 極小粒うるち米『つぶゆき』

しかも、小粒で火が通りやすいため、炊飯器に玄米モードがなくても、圧力釜がなくても、普通の白米と一緒に気軽に炊くことができます。小粒なので食べたときの食感も気になりません。

この『つぶゆき』の玄米は、ヘルシーとおいしさを両立し、手軽さまで兼ね備えたスーパー玄米と言えるのではないでしょうか。もっと増やしてほしい!いち早く試食したスズノブの西島さんは、昨年暮れ青森市内で行われた講演会でそう訴えておりました。まったく同感です。by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅