まるごと青森

twitter facebook rss
懐かしい? 桜なべたかはし

懐かしい? 桜なべたかはし

グルメ | 2006-02-23 12:13

五戸町に行ってきました。

五戸町と言えば馬肉ですが、
前々から行きたいと思っていながらも、
なかなか行けずにいた「桜なべたかはし」ですが、
ようやく行くことができました。

このお店、創業は大正13年とのこと。
食肉、まして馬肉を食べる文化は日本の中では珍しいものでしたので、
大正13年の頃に馬肉料理専門のお店はかなり珍しかったことと思います。
青森県内ではもちろん最も古い馬肉料理屋のようです。

懐かしい? 桜なべたかはし

肉屋になっている入口の奥、
まるで居住スペースに入っていくかのような雰囲気の暖簾の先に、
「桜なべたかはし」の食堂部分があります。

4人掛けのテーブルが3台あるだけの小さな食堂です。
(座敷もあるようです。)

この日食べたのは肉定食700円。
昔からの馴染み客は「皿」と呼んでいるものだそうで、
大きな鍋で桜なべの材料をたくさん煮込んだものが一皿に盛られて出てきます。
この「皿」がウマイ。
私は津軽出身で馬肉鍋を食べて育ってはいませんが、
そんな私でも不思議と「懐かしいなぁ」と思ってしまう味で、
話を聞いてみると自家製味噌だと言います。
ふと、昔、爺さんの家に遊び行ったときに食べた
自家製味噌のみそ汁って美味しかったなーなどと思いながら
あっという間に食べてしまいました。

懐かしい? 桜なべたかはし

鍋仕立てで食べる桜なべも美味しいですが、
大鍋で煮込んだこの「皿」には別の美味しさがありました。
「また必ず来よう」
そんな気持ちで店をあとにしました。

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅