まるごと青森

twitter facebook rss
「星の金貨」

史上初?! ありそうでなかった丸かじりりんご 「星の金貨」

特産品・お土産 | 2006-02-03 19:08

りんごは皮をむいて食べるもの。当たり前に思っていますが、ガンの抑制効果や内臓脂肪の減少効果などで注目されているりんごポリフェノールは、実は皮の内側のところに多く含まれるのだそうです。また、整腸作用や血中コレステロールの低下に効果があるアップルペクチンは皮にたくさん含まれていると言います。つまり、りんごは皮ごと食べたほうが健康に良いということです。

それから、
りんごを買うとき「大きすぎる」と思ったことはありませんか?
ひとりで食べるには大きすぎてあきらめたり、残しておいたものを食べたらおいしくなかった。なんてこともありますよね。

2004年、青森県りんご試験場が「星の金貨」という名の新品種(登録品種名はあおり15)を発表しました。

「星の金貨」

「ふじ」の血を継ぐ黄色いりんごです。果皮は王林より黄味が強くおいしそうなゴールド。母親「ふじ」を凌ぐ甘味と適度な酸味。豊富な果汁とさわやかな食感。洗練された味といつまでもおいしく食べられる貯蔵性が特徴です。

しかし、研究者達が目指したのは、味と貯蔵性だけではありませんでした。さらにこだわったのは、実は皮の薄さと小ささだったのです。りんごをもっと気軽に食べてほしい!こんな願いからだったのでしょうか。

これまで無視してきた”皮の薄さ”。欠点とされていた”小ささ”。赤くなければ売れないという流通常識に逆らうような果色。「星の金貨」は、可愛らしい姿とは裏腹に、タブーと非常識をウリにした破天荒なりんごなのです。

価値観は、もちろん人によって異なりますが、時代によっても変化します。大きなものが贅沢だったのは過去のこと。見た目の豪華さより食べやすさを重視した「星の金貨」なら、ロハス的贅沢を楽しむことができるかもしれません。
(残念ながら、このりんごがお店で買えるのはまだ2~3年先のようです。)

この頃気になるりんごと言えば「りんご娘.」の二人。2月12日お台場のデックス東京ビーチで行われる『青森りんごフェア』に出演します。シーサイドモール「デックス広場」のステージイベントは13:00と15:00の2回。かわいい津軽弁講座やりんごハイテクゲーム、そしてライブが楽しめます。みなさん応援よろしくお願いします。by 義人

タグ: りんご青森県

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅