まるごと青森

twitter facebook rss
弘前のさくらを10倍楽しむ方法(3/5)

弘前のさくらを10倍楽しむ方法(3/5)

観光スポット | 2006-03-30 12:43

第3回 知る人ぞ知る、もう一つの「下乗橋と天守」

弘前には2つの顔があると思っています。
一つは、「お城とさくらの弘前」に代表される「江戸の顔」。
もう一つは、「洋館とフレンチ」に代表される「明治大正ロマンの顔」です。

その「お城とさくらの弘前」を代表する顔であり、弘前のさくらを知り尽くした方々も「やはりここだけは外せない」と言うスポットが、「下乗橋と天守」です。
花付きがいいため、ソメイヨシノの枝が花の重さで垂れ下がり、天守と赤い下乗橋で絶妙の雰囲気を作っています。
(右上写真↑)
まつり本番は、国内でも有数の混雑した道になります。(笑)

そして、この「下乗橋と天守」がもう一つ観られる場所がある、というのが今回のお楽しみです。
旅行でお越しの方はどうしても、たくさんの見所があるので、写真でおなじみのこの「下乗橋と天守」が見えるところに行っておしまい、になっちゃってますが、2度目3度目、地元の方には是非行って欲しい場所です。
場所は、館神跡(たてがみあと)
(右中図面④)
北の郭にある館神跡(たてがみあと)は、江戸時代、太閤秀吉の木造をご神体として安置した場所で、ごく限られた人だけが出入りできる場所でした。
現在は公園としての整備が終わり自由に立ち入ることができます。
こちらからは内濠の先に下乗橋を望み、天守とさくらをいっぺんに見られます。
知る人ぞ知る隠れたスポットです☆
byなおき

第4回は「こっそりと聞いた『敷物スポット』」です。

弘前のさくらを10倍楽しむ方法(3/5)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅