まるごと青森

twitter facebook rss
桜の頃にやってくるごちそう 「サクラマス」

桜の頃にやってくるごちそう 「サクラマス」

特産品・お土産 | 2006-03-31 15:54

3月も今日が最後。いよいよ、桜咲く4月がやって来ます。
「観桜会」に欠かせないごちそうの代表と言えば「トゲクリガニ」と「ガサエビ」ですが、
桜咲く頃のごちそうとして忘れてならないのは、青森沿岸で獲れる「サクラマス」です。

桜の頃にやってくるごちそう 「サクラマス」

サクラマス(桜鱒)はヤマメ(山女)と同じ種類。一生を川で暮らすものをヤマメ、一時期海に下るものをサクラマスと呼びます。サクラマスの名は、『桜が咲くころ川に戻ってくること』や『婚姻色が明るい桜色になること』によるもの。本マス、真マス、マスの別名を持ち、なかでも体高がとても高く鯛のように平べったいものは、「イタマス」と呼ばれ特に珍重されています。

一般に、マスはサケより一段劣るように見られがちですが、あれは青マスと呼ばれる「カラフトマス」を指してのこと。本マス(本当のマスの意?)とも呼ばれる「サクラマス」は、サケより脂ののりが良く、身がしっとりとしてかつ繊細な、それはそれは上品な魚です。

食べ方はいろいろ。「すしネタ」としても人気ですが、塩焼きにし、大根おろしでシンプルに食べると、甘さがあって大変美味しいものです。また、刺身にしても煮物にしても絶品。サケと同様、どこも捨てるところがない魚です。

しかし、残念なことに都会の魚屋さんやスーパーマーケットを探しても、サクラマスを見つけるのはほとんど不可能だそうです。サクラマスは、高級料亭やレストランでなければ食べられないい高級食材となってしまいました。

桜の頃にやってくるごちそう 「サクラマス」

ところが、漁がピークとなる3月から4月、西海岸や下北沿岸の魚屋さんには地元で獲れたサクラマスが並びます。取り扱うお店はそう多くないようですが、比較的手頃なお値段で手に入るのは、北海道に次ぐサクラマスの漁獲高を誇る青森県ならではでしょう。
炊きたてのご飯(つがるロマン)とサクラマスの塩焼き。想像するだけで・・・。ごくりっ。   by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅