まるごと青森

twitter facebook rss
弘前のさくらを10倍楽しむ方法(4/5)

弘前のさくらを10倍楽しむ方法(4/5)

観光スポット | 2006-04-04 12:55

混んでるのに、さくらの下でゆっくりと過ごせます!
第4回 こっそりと聞いた「とびっきりの敷物スポット」

約50haある広い弘前公園ですが、連日30万人ものお客様をお迎えするまつり期間中ともなれば、園内はやはりどこもかしこも人・人・人。

歩く人はもちろん、広場も桜の下でお弁当などを広げる人でごった返しています。
特に本丸周辺では、大学生が大きく輪になって「しゅっし~ん。◎◎市~。げんざ~い。◎◎大学◎年・・・・」てなことを大声で叫んでは、噛んだり間違うとやり直しになったり、「いっき、いっき」と酒を飲む、そんな大騒ぎになっています。
こんな状態であっても「敷物を敷いて満開のさくらの下で静かにゆっくりと過ごしたい」という叶わぬ夢もあるもの。

そんな夢のことをさくらを守る方々に伝えたところ、勧められたのが、弘前城植物園内の「さくらの園」。(右図⑬)
約40種のさくらが咲き誇る、園内屈指のさくらエリアなのに、有料エリアということもあって、なぜか空いています。
夜桜はできませんが、静かなにゆっくりとをご希望のカップルやご夫婦にお勧めする「超~」の付く隠れスポットですよ。

※弘前公園にはまつり期間、有料区域があります。
①本丸・北の郭(入園料:300円)
②弘前城植物園(300円)
※共通券(①+②)は500円

「きれいな芝生とさくら」
なぜか空いている敷物スポット

北の郭にある武徳殿休憩所前の広場は、弘前のさくらの開花標準木のある中心部分。
ここは最近の整備により、きれいな芝生が敷かれたさくらスポットになりました。
しかし、その工事により、やけにきれいになったことと、芝生広場が園路よりも数十センチ高くなってしまったことから、なぜか敷物を敷きにくい雰囲気になったようで、隣の本丸は大騒ぎになっている中、すばらしいロケーションにもかかわらず空いているスポットとなっているようです。
ココもチャンスですよ。(右図⑮)
byなおき

(第五話は、「必見!さくら見どころガイド」です。)

弘前のさくらを10倍楽しむ方法(4/5)

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅