まるごと青森

twitter facebook rss
黒石へ行くと、どうしても寄ってしまうお店「藻川屋」

黒石へ行くと、どうしても寄ってしまうお店「藻川屋」

グルメ | 2006-04-07 13:32

藻川屋は、閉店いたしました。
こちらでご確認いただけます。
http://www16.plala.or.jp/mogawaya/

黒石という街は、
良い意味で時間がゆっくり進んでいるように感じます。
こみせを軸とする伝統的な建物が、
今もなお現存していることが大きな要因ですが、
それだけではなく、
昭和を色濃く残した商店街、温湯温泉の街並みなど、
そこにいるだけで心が安らぐ、私の大好きな街の一つです。

黒石の商店街を北に向かうと、
昔ながらの暖簾と
「たい焼、やきそば、大判焼」の文字が描かれた窓が目に入ります。
二昔くらい時代を遡ったように感じるこの建物の中をのぞくと、
頭に手拭いを巻いたおじいさんが、
たい焼きの鉄板をひっくり返している姿が目に入ります。
ここが黒石に行くと必ずと言っていいほど立ち寄ってしまうお店、
「藻川屋」です。

藻川屋の店主高橋さんは、
昭和35年に北津軽から黒石市に移り住み藻川屋を始めました。
自分が以前住んでいた地名を屋号にしたそうです。
尻尾の先まで自家製のあんこが入ったたい焼きが自慢で、
「これからも尻尾まであんこをいれてくよ」と笑いながら、
年中無休で今日もたい焼きを焼いています。
馴染みのお客さんがやってきては10個、20個とまとめ買いしていく、
地元の人々に親しまれているお店です。

黒石へ行くと、どうしても寄ってしまうお店「藻川屋」

また、ここの焼きそばは通称「黒石焼きそば」と言われるもので、
平打ち太麺が特徴です。
ソースをたっぷりかけて食べると、
ふんわりとして柔らかな、懐かしい味わいが楽しめます。
この味を懐かしんで、東京まで持って帰る人もいると言います。

黒石へ行くと、どうしても寄ってしまうお店「藻川屋」

最近は雑誌に取り上げらることも多く、
以前よりもお客さんが増えたということで、
高橋さん曰く、大好きなお酒を控えながら、
今日もたい焼きを焼いています。

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅