まるごと青森

twitter facebook rss
若生昆布のおにぎり

若生昆布のおにぎり

特産品・お土産 | 2006-04-18 11:34

津軽半島の春の風物詩の一つが若生昆布。
毎年1月から3月にかけて、
養殖昆布の一年ものを収穫し、
海風のもとゆらゆらと干しています。

若生昆布は、
薄く柔らかいながらも昆布特有の磯の風味もあるのが特徴。
普通は煮物などに使われているようですが、
私にとって若生昆布と言えば、
「おにぎり」しか思い浮かびません。

若生昆布のおにぎり

若生昆布のおにぎりは、
磯の香りと昆布表面の塩がおにぎりにちょうどよく、
昆布だけに旨味も最高なのですが、
若生と言えども昆布は昆布、噛み切るのは一苦労です。
これは繊維に逆らって噛んでいるからで、
繊維に沿って噛めばそれほど苦労することはないのですが、
子どもの頃の私にそんな知恵はなく、
昆布を噛み切れないまま、ご飯だけが口の中に入ってきて、
そのことが妙に楽しかったものでした。

若生昆布のおにぎりと言えば外ヶ浜町三厩地区が有名で、
この辺りのものは三日月型に作られていて、
普通に食べれば噛み切りやすいようになっています。
写真は小泊村の食堂で食べたもの。
丸いおにぎりに昆布を巻いているだけで、
子どもの頃食べたのはまさにこれです。
繊維を流れを見て上手に食べないと、
子どもの頃に遡ったように、
口の中にご飯だけが入ってきます。
でも、そのことが妙に楽しかったりします。

私の父は金木町出身で、
私が子どもの頃、
父が昔を懐かしむように食べていた若生昆布のおにぎりを、
とても新鮮な気持ちで食べていた記憶があります。
今は、たまに見かけると、
自分が懐かしさを感じ、ついつい食べてしまいます。

by yoshihito

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅