まるごと青森

twitter facebook rss
あおもり地カップアイス 【1】

あおもり地カップアイス 【1】

特産品・お土産 | 2006-05-18 10:45

暖かくなってきたので、アイスクリームの話でも!

あおもり地カップアイス 【1】

夏と言えば、サイダー・スイカ、そしてアイス。

チリンチリンアイスやガリガリのアイスキャンデーは真夏日になるような暑い日にピッタリですが、夏を迎えようとするこの季節には、なんといっても「カップアイス」。

ご当地ソフトクリームは既にアプティネットでアップされているので、「まるごと青森」では、私のパートで随時「地カップアイス」をゆっくりとご紹介していきます。

もうこのブログでは、南郷のイチゴを使ったジャズ姫新郷村のチズイックはご紹介済みですが、ホントまだまだいっぱ~いあるんですよ!
100ミリリットルを越えるほどの小さなカップアイスですが、その中味は、地元の特産品や自慢の果物を入れたものや、素材を厳選した本格的なものなどさまざまです。
ホント、どれからご紹介しようか悩んでしまいます。
まずは、十和田市(旧十和田湖町)の「奥入瀬アイス」からです。

あおもり地カップアイス 【1】

【NO1 「奥入瀬アイス」 250円】
「地元の特産品でアイスクリームを作りたい」という思いは、道の駅おいらせにある味楽工房で98年に結実します。
地元の新鮮な牛乳をベースにしたバニラ味を基本に、すぐ隣で作られる「奥入瀬地ビール」のダークラガー(黒ビール)を練り込んだ「黒ビール味」、そして特産のエゴマ(じゅね)を練り込んだ「じゅね味」と3種類のアイスがあります。
特に「じゅね味」はエゴマのつぶつぶ感を残しつつ、香りやコクと乳脂肪分でこってり濃厚な仕上がりになっていて、バニラよりもコクを感じさせます。どちらかと言うと女性に人気があるんだそうです。
乳脂肪分も、じゅね、バニラ、ラガーの順に、11%、10%、5%となっていて、口当たりも違うので、その日の気分で選ぶのも楽しいですよ。  byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅