まるごと青森

twitter facebook rss
チェリーアイスクリーム「ひと夏の経験」

あおもり地カップアイス 【2】

特産品・お土産 | 2006-05-26 10:25

まさに 「ひと夏の経験」

【NO2 「ひと夏の経験」 250円】
日本有数のさくらんぼ産地である、南部町名川地区(旧名川町)には、特産のさくらんぼがまるごと1個入ったチェリーアイスクリーム「ひと夏の経験」があります。

チェリーアイスクリーム「ひと夏の経験」

さわやかな絵が描かれたラベル。
横には乳脂肪分は10.0%と県内のアイスの中では、決して多くはない数値。
とりあえずフタを開けようと思ったら右側にこんな「記載」。

【おいしい召し上がり方】
◇フタを開け、3分ほどしてからお召し上がり下さい。
◇生のサクランボは一番最後にお食べ下さい。

アイスクリームをおいしく食べる方法は、溶かすこと。
スプーンにまとわりつきそうになった時がおいしい、とあちこちで聞いていたので、なるほど、と感心。
「生のサクランボ」がある?・・・・と、おもむろにフタを開けたら、なんとそこには、立派なサクランボが鎮座。

チェリーアイスクリーム「ひと夏の経験」

幾分ピンク色がかったアイスクリームの中にも、ふんだんにさくらんぼの果肉が入っていて、食感のツブツブ感はなんとも言えず心地よく、アイスらしい甘さの中にほのかに香るさくらんぼ、そしてそのさわやかな甘さがまた気分を良くしてくれます。
コテコテのアイスとは違い、くどさもなく、すっと無くなっていく感じ。
マニュアルどおり、クリームを全部食べ終わったところで、いよいよこの「さくらんぼ」をいただくと、ガリガリ凍っていただろうと思えるサクランボがシャーベットぐらいの堅さになっていて、ああナルホド!とまたまた感心。
デザートにアイスを食べたあと、また食べたデザートのようで、口の中がさっぱりとする感じ。
まさに、「ひと夏の経験」。
ここで初めて名前の意味がわかり、納得しました。byなおき

◇販売先:名川チェリーセンター

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅