まるごと青森

twitter facebook rss
人にも自然にも優しい「きみがらスリッパ」

人にも自然にも優しい「きみがらスリッパ」

特産品・お土産 | 2006-05-31 12:31

「きみ」は青森の方言で「とうもろこし」のこと。
このスリッパは、自然乾燥させた「きみ」の「から(果皮)」から作ります。

「きみがらスリッパ」をつくっているのは「十和田市きみがらスリッパ生産組合」の女性達。
馬産地として知られる十和田市は、その昔、飼料用とうもろこし「デントコーン」の栽培がとても盛んで、食用とならないきみがらが大量に廃棄されていました。このきみがらを再利用できないかと考え、生まれたのが「きみがらスリッパ」です。それは1947年(昭和22年)のこと。1963年(昭和38年)には「十和田きみがらスリッパ生産組合」が設立され、その知恵と技術を守り伝えて今に至っています。

人にも自然にも優しい「きみがらスリッパ」

「きみがらスリッパ」は、材料の生産から製品の仕上げまで、すべて昔ながらの手作業で行われます。長さや厚さが異なるきみがらを細く裂き、適度な湿りを与えながら、ひと目ずつ手で編み上げていくので、普通は1日1足が精一杯だと言います。また、天然素材を使っているので同じ商品は二つと誕生しません。工業製品にはない贅沢がたしかにあります。

丈夫で軽く、湿気を呼ばないのでいつでもサラサラの履き心地が楽しめます。おまけに、編み上げることによって足底に空気の層ができるため、寒い冬でも温かく、クッション性にも優れています。天然素材100%なので、お肌が弱い方にも安心してご利用いただけますし、中には肌のツヤがよくなるからと愛用する方も多いようです。

可愛らしい形ときれいな色合いから、履き物としてだけではなく、状差しや室内のインテリアとしても人気がある「きみがらスリッパ」は、道の駅「とわだ」でお買い求めできますし、隣接する「匠工房」では自分で作ることもできます。(5月~3月の毎月第3日曜日 10:00~15:00 所要時間120分で料金はひとり2,500円 最大5人)

汗ばむ季節は青森ならではのロハスな「きみがらスリッパ」で快適に! by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅