まるごと青森

twitter facebook rss
おいしい"佐井村"

おいしい”佐井村”

イベント・まつり | 2006-06-07 10:37

「佐井村ウニまつり」が開催されますよ!

先週、取材のため佐井村に行ってきました。
佐井村の水産加工品がとっても「おいしい」、そんな情報を耳にして、青森港から定期船ほくとで一路、佐井村へ。

2時間20分の陸奥湾クルーズは、天気がどんどん上がっていきサイコーのコンディションへ。
脇野沢の鯛島をとおり、「仏ヶ浦」へ。
下北国定公園を代表する観光地、仏ヶ浦。
荒波の浸食を受けて、そそり立つ岩や景観は、「如来の首」・「五百羅漢」・「十三仏」・「極楽浜」などと呼ばれ、まるで海からの恐山への入口のようでした。

佐井村は、いま「うに漁」の真っ最中。
朝、うに漁を終えた漁師さんは、それぞれの作業場でうにを殻からはずし、むき身で漁協へ出荷します。
身だけのとれとれのうに。
そばに寄っただけで、”ウニスト”の心臓はバクバクしていきます。
新鮮なうには、小さな突起のつぶつぶまでしっかり。

そんなうにを塩だけで瓶に詰めたのが、この「津軽海峡 甘塩うに」。

アルコールや各種の添加物の入る瓶うにが多い中で、甘塩の、まるで生を食べているかのようなうまさ。
このおいしさは、昭和62年、日本の101村展で最優秀賞を受賞することで、大きな評価を得ます。(昭和63年は、あの馬路村のゆずの村だったそうです。)

食べ方は、生うにを食べるように、手巻き寿しの材料に、もちろん、いくらと一緒に二食丼に。
販売形態は、冷凍。解凍してから3~4日ぐらいのうちに食べ欲しいんだそうです。
たった60グラムの瓶うにですが、塩分が入ることで、適度に脱水し、キタムラサキウニのあのコクとうまさが濃縮しています。無添加のため変な臭いやピリリ感もなしですよ。

そして、いくら。
佐井村や下北半島で水揚げされる鮭で作られた佐井村のいくら。
うんちくいっぱ~いのいくらですが、これも丼にドサっと乗せて、しその葉と一緒にいっちゃってください。(うんちくは後ほどまたこのブログで・・。)

まだまだたくさんおいしい佐井村はありますが、
そんな佐井村では、「ウニまつり」が開催されます。
楽しみですね。  byなおき

おいしい"佐井村"

【佐井村ウニまつり】
 ◇日時:平成18年6月10日(土)~11日(日) 10:00~14:00
 ◇場所:津軽海峡文化館 アルサス
 ◇内容:ウニ丼1000円、活ウニ直売
       佐井村漁協加工品
       ウニ無料試食会(10:00~ 数限定)
 ◇問い合わせ:佐井村観光協会 0175-38-4515

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅