まるごと青森

「ああ 湯が滲みてくる」 550年続く湯本1

「ああ 湯が滲みてくる」 550年続く湯本

温泉・宿泊 | 2006-07-07 18:01

下北半島 津軽海峡 下風呂温泉 (しもふろ・おんせん)

本州最北端「下北半島」。
津軽海峡に面したほぼ中央に、海峡が見える温泉郷「下風呂温泉」があります。

「ああ 湯が滲みてくる」 550年続く湯本1

◇「上風呂の恐山」に下風呂◇
下風呂は、康正3年(1457年)の下北図に「湯本」と記された550年以上の歴史を持つ温泉郷です。アイヌ語の「スマ・フラ」に由来するとされ、スマは岩・石の意、フラは臭いの意で、硫黄が吹き出るため周囲の岩石が臭い所からきたものと言われています。
地元では恐山を「上風呂」に見立て、ここを下風呂とした、とも言われています。

◇室町、江戸、明治へと続く湯治場◇
室町の頃、下風呂は「湯本」と呼ばれていました。
湯本とは、箱根湯本といった古く温泉地に冠せられた言葉で、下風呂も早い時期から温泉で知られたところでした。
江戸期に入ると南部藩公認の湯治場として栄え、明治以降も温泉でにぎわい、下北郡一、人と物が行き交う豊かな風土だったと史書にもあります。

◇文豪「井上靖」が描く「海峡の湯」◇
昭和32年から読売新聞に連載した井上靖の小説「海峡」は下風呂温泉を一躍有名にしました。
綿密な取材をもとに旺盛な作家活動を展開したと言われる作家井上靖は、下風呂温泉に赴き厳寒の下北半島を取材し、その冷え切った体を下風呂温泉で温めていたようです。
下風呂温泉を描いたこんな一文が、この小説「海峡」にあります。

ああ、湯が滲みて来る。

本州の、北の果ての海っぱたで、
雪降り積もる温泉旅館の浴槽に沈んで、
俺はいま硫黄の匂いを嗅いでいる。・・・

◇公衆浴場「大湯」◇
下風呂温泉には湯治場の風情を今に残す二つの共同浴場があります。
下風呂の自由寺に残されている貞享4年(1687年)に書かれた薬師如来記には既に大湯の湯小屋が確認されています。
ひばの板が敷き詰められた歴史を感じさせる大湯は硫黄泉で乳白色。湯花が舞う湯壺から上がれば、朝まで温かく、心も体も癒されます。
湯元の温度は66度。二つある湯壺は、それぞれ加水されていますが、熱い湯と適温の湯に入浴客が調整してくれています。どちらが熱い湯になっているかは、その時々で違うようで手を入れて確認して入ってください。

◇「新湯」◇
発見は寛政年間頃(1800年前後)とされていますが、新湯の名のとおり、一般に利用されたのは大湯に比べ新しい温泉です。
大湯に比して乳白色は薄いのですが、骨の髄から温まると熱心に通う方々で賑わっています。
大湯の湯船は2つありますが、こちらは中心に一つあるこじんまりとした浴場です。
新湯のすぐ上にある湯元の温度はなんと「95度」。
加水して温度を下げて入ります。それでも体に効くと熱心に通い詰めている方々のいる浴場です。

温泉好きの方は是非はしごを・・。byなおき

「花より団子」みたいですが、夏の下風呂と言ったら、やっぱりコレ。。。

「ああ 湯が滲みてくる」 550年続く湯本2

さすがは、下北! うにがデカイんです。

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥グランピング#エビの釣り堀八戸市食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉月見#釣りヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップアナログレコード#手帳鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂青森県、色彩#桜りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦妖怪#食ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメあんこう万年筆えんぶりカフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物お酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げ#お家ごはん中華料理スイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗インバウンド#料理エビチャーハンまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポート伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー植物#だし青森県郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ担々麺#アートアウトドアツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ辛い#青森県立美術館#サウナ自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマス種差#自然#八甲田山

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ