まるごと青森

twitter facebook rss
津軽塗の木地職人3

津軽塗の木地職人

青森の人 | 2006-07-10 18:12

津軽を代表する工芸・津軽塗は、
それを支える数多くの職人によって成立しています。
以前、その中の木地職人さんとお話する機会がありました。
木地職人には、板を組み合わせる「指物師」と
ろくろを使って器を作る「木地師」がいます。
幕末の頃には、津軽全体で31軒もあった指物師も、
現在では1,2軒と言われており、土田木工所はその一つです。

土田木工所は、現在、3代目の土田亙さんの代です。
土田さんは父親に師事する形で木地作りを学びましたが、
木の特性を見極めきれず、力加減を誤り大けがをしたことも。
ある程度納得できるものを作れるようになるには
10年くらいかかったと言います。

津軽塗の木地職人1

木地作りは、材料となるヒバの原木選びから始まります。
津軽塗の木地は、青森県産のヒバが中心。
青森ヒバは厳しい条件のもと生育しているため、
非常に丈夫で、漆塗には最適と言われています。
土田さんも自ら山を歩き、
山の環境や生育状況を確かめながら原木を選んでいます。
選んだ原木は、最終形をイメージしながら製材し、
その後5年ほど寝かせてからでなければ加工に入れません。
加工はすべて手作業です。
塗り師の要望や癖に合わせたミリ単位の調整が必要となる
職人だからこそできる仕事です。

津軽塗の木地職人2

最近は中国産の木地なども出始めていおり、
土田さんが作る手間暇と時間をかけた木地は、
本当の意味で一生もの津軽塗の素材となり得ますが、
その作業に見合った価格では中国産に対抗できないため、
価格を抑えざるをえず、
職業として魅力がないため、
後継者も当然のように続いていません。
「最近では良質のヒバを調達するのも難しくなってきている。
10年もすれば津軽の地には木地職人はいなくなるんじゃないかな」
土田氏が現状を憂いて話したのに対し
父弘昭氏が「おまえががんばれ」と語りかけたのに、
職人の親子を見た気がしました。

津軽塗の木地職人3

このような人たちを見ていると、
安いものを追い求めるのではなく、
良いものを見極める「目」を育てること、
それに見合った対価を支払うことの必要性を感じました。

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅