まるごと青森

twitter facebook rss
黒石のやきそば3

黒石のやきそば

グルメ | 2006-08-17 21:06

やきそば王国 黒石 まずは、「秋元」に!

このまるごと青森ブログ
いろいろな観光地、厳選食材、食べ物のご紹介をしていますが、
実は、結構やきそばネタが多いんです。
これまでにも、青森のやきそば浪岡のやきそば黒石の藻川屋の焼きそば
などご当地のおいしいやきそばをご紹介してきました。

各地のやきそばを食べ始めていくと、もしかしたら黒石のやきそばの特徴は、
「平たい太麺のゆで麺」が主流じゃないか?と思ってきて、
ソースを吸う麺の表面積を大きくしつつ、コシと食感を残す、そのために
平たい太麺がスタンダードになっていたのかな、なんて想像を膨らませていくと、
いよいよ黒石やきそばの奥深さに敬意を表したくなってきます。

市役所の方々にこの四万人を切る人口の黒石市にいったいおいしい
やきそばを出してくれるお店はどれぐらいあるのかと、伺ったところ、
その数は「20軒」を越える!と聞いてビックリ。

・・・ならば、と
このやきそばスタンプラリーを制覇し、黒石やきそばの神髄に触れたい!
こんな覚悟で黒石やきそば「食楽園」の世界に身を投じる決意を固め、
ある時期、今日は4件、今日は5件と食堂をはしごする日々を過ごしてきました。

こうして訪ね歩いた庶民の味、やきそば。
戦後、黒石の街に生まれたたくさんのやきそば店。
そのやきそばは、お腹の空いたこどもたちのおやつ。
おこづかいを持っていくと、金額分のやきそばが新聞に包まれる、
そんな時代からのものなんだ、とあるお店では話してくれました。

その中でも、いろいろな方々からまずは行っておいで、と紹介されたのが、
「秋元食堂」。
まさに本格派の黒石やきそば。
風格のあるやきそば専門店でした。

黒石のやきそば1

深い中華鍋にキャベツと豚の三枚肉、そしてラード。
自家製ブレンドのラードが激しく音を立てます。
そこに平太のゆで麺の登場。
たっぷりの秘伝ソースを流し込み、ジュージュー、グツグツいう鍋を懸命にかき混ぜます。

黒石のやきそば2

仕上がったやきそばは、さすがは評判どおり。

黒石のやきそば3

麺のコシ、ソースの甘さ・酸味・うま味。最高のバランス。
ムチッとした平たい太麺は、さすがゆで麺。
たっぷりとソースを吸って麺自体のおいしさにソースが絡み、箸がどんどん進みます。
パリっと炒めた三枚肉は大きく、存在感があり、たっぷり麺を食べながらひとつまみする最高の箸休めに。
さらにキャベツの食感がまた、麺を食べたい衝動へとかき立てていく。

もちろん出来たてを食堂でそのままいただくのがベストですが、冷めても充分にウマイ。
知っている常連さんなどが、お昼時にはお持ち帰りのやきそばができるのを待っています。

黒石のやきそば4

書いているだけでもう一度行きたくなるあの味。
私の「黒石やきそば食楽旅」はココから始まりました。
機会を見て、まだまだおいしいあの店、この店のこともご紹介します♪
byなおき

秋元食堂のプロフィール
□住所:黒石市青山84-2
□営業時間:1000~1400、1600~1800
□定休:毎週水曜日、日曜日
□やきそば:300円、400円、500円、600円と
       量によって値段が変わる。
 ※お持ち帰りには600円はなし。
  ただし、オードブルサイズ1000円、1500円、2000円があります。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅