まるごと青森

twitter facebook rss
六兵衛4

六兵衛

グルメ | 2006-08-01 19:53

六兵衛1

青森市古川の中心商店街の一画、
縄暖簾をくぐり、暗く狭い階段を地下1階に降りたところに
「六兵衛」という居酒屋があります。

六兵衛2

店内には金魚ねぷたや津軽凧絵が飾られ青森らしを演出。
カウンター8席、小上がり12席ほどの小さなお店は、
7時にもなるとお客さんでいっぱいになります。
このお店の料理はどれも一品500円以内。
お酒も高いもので一合500円。
店の主人に言わせると「居酒屋なんてそんなもん」なんだそうです。
安く飲めるということも時には大切なことですよね。

六兵衛3

店の壁には美味しそうなメニューがたくさん貼られていますが、
せっかくなので店の主人のお勧めをいただいてみました。
まずはとりあえず生ビールで喉を潤し、店の名物貝焼き味噌を頼みます。
お通しのつぶを楊枝で巻き取り一口。
つぶの苦みとビールの苦みの相乗効果を楽しみます。

六兵衛4

そうこうするうちに貝焼き味噌がやってきたのでいただくことに。
直径15㎝くらいの中型のホタテの貝殻を鍋に見立て、
ダシに味噌を溶かして玉子をといた青森の郷土料理。
このお店では中にホタテの貝柱も入ります。
玉子と味噌のシンプルな組み合わせですが、
ふんわりとした玉子の甘さと味噌のコクが何とも言えなく良い組み合わせで、
ホタテがちょうど良いアクセントになっています。
貝焼き味噌を食べ終わる頃にはビールもなくなるので、
次は青森の地酒田酒を二合ほど頼みます。
美味しい刺身も食べたいので、大将のお勧めの刺身を注文。
田酒のしっかりとした米の味は、刺身にもぴったりです。

六兵衛5

そろそろ少しお腹も空き加減なので、この店自慢のオリジナル料理げそ揚げを注文。
いっぱいのダシの中には揚げたてのげそがたっぷり入り、
その上に大根おろしときざみ海苔がどーんと乗っかっています。

六兵衛7

このお店の流儀に従い、これをしっかりとかき混ぜて食べると、
いかにも青森らしい濃い目のダシに大根おろしがちょうどよく溶け込み、
これにげそ揚げがよく絡んでくるので美味しいこと。
げそ揚げを一口、田酒を一口、げそ揚げを一口、・・・、最高です。
ゆっくり飲んで食べていると、
時間もかれこれ1時間半くらいになったので、

六兵衛6

最後は締めに焼きおにぎりを注文。
このお店では開店当時からおにぎりの具は筋子と決まっています。
焼かれた味噌の香ばしさと筋子のコクの組み合わせは嬉しい限りです。

こうして約2時間、お腹いっぱいになるだけ飲んで、食べてだいたい3,000円。
「居酒屋なんてそんなもん」を満喫しちゃいました。

by YOSHIHITO

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅