まるごと青森

twitter facebook rss
青森ねぶたの「幸せな鈴」

青森ねぶたの「幸せな鈴」

イベント・まつり | 2006-08-07 20:18

青森の街を熱狂で包み込んでしまう「青森ねぶた祭」。
8月2日から始まったこの祭りは、「弘前ねぷたまつり」とともに本日7日が最終日となります。

夜空に浮かび上がる巨大なねぶた灯籠。
腹の底に響き渡る地響きのような太鼓の音。空気を切り裂くはりつめた笛の音。魂をせかすにぎやかな手振り鉦。跳人たちが叫ぶ「ラッセラー、ラッセラー」の声、声、声。
こうした青森ねぶたの音の風景に欠かせないのが、シャン、シャン、シャン・・・と弾む鈴の音です。

青森ねぶたの「幸せな鈴」

この鈴はいつから身につけていたのか?詳しいことはわかりませんでしたが、昭和20年代後半の資料に、「鈴は1個2円」と記録されているようですし、当時を振り返り「子供心に、夕空に響く鈴の音はうれしくて、静寂の闇に聞こえる鈴の音は寂しくもあった」と語る人も大勢います。ねぶた祭が復活した終戦直後には、どれほどの人が鈴を手に入れることができたかわかりませんが、ねぶたと鈴はその前から切り離せない関係だったのでしょう。

さて、その鈴は、近年「幸せを呼ぶ鈴」と言われ、観光客に人気があるといいます。あの鈴を拾うと”幸せになる”とか”幸運が訪れる”のだとか。
その由来は定かでありませんが、たしかにあの軽やかな音を聞くと、何かいいことが起こりそうな予感がします。

このためか、鈴が転がっているのを見つけると、跳人たちが乱舞している輪の中に突進してくるお客さんも・・・。とても危ないのでご遠慮くださいね。「鈴ちょうだい!」と跳人たちに声をかけると、きっと快く分けてくれますから。

人に幸せをもたらすという「ねぶたの鈴」。でも、一番幸せなのは「ねぶたの鈴」そのものかもしれません。なにしろ、あれほどたくさんの人達に恋われるのですからね。
by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅