まるごと青森

twitter facebook rss
青森で生まれた輝く輪ギク 「えみあかり」

青森で生まれた輝く輪ギク 「えみあかり」

特産品・お土産 | 2006-08-10 20:41

夏祭りが終わるともうお盆モード突入ですね。
お盆は正しくは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、祖先や亡くなった人の霊をまつる仏教の行事ですが、今では、この時期にあわせて夏休みをとったり、故郷がある人は実家に帰省したりする夏の節目として生活に根づいています。

仏前に供える花といえば輪ギクが一般的。古くから庶民の庭先で栽培されるほど身近であったことや、いつの季節でも手に入れやすいことがその理由となっていますが、菊の花が好まれたそもそもの背景には、菊の花咲く理想郷の物語「菊水伝説」(中国の故事)があるのだとか。

私たちになじみ深い輪ギクに、実は、青森県が育成したオリジナル品種があります。
平成18年3月に品種登録された「えみあかり」という名の輪ギクです。

青森で生まれた輝く輪ギク 「えみあかり」

今までになかった輝くような黄白色と、中心は黄色で外に向かって白くなる独特のグラデーションが最大の特徴。「淡い色はダメ」と言われる輪ギクの中ではまさに異色の存在ですが、花びらにはつやがあり、満開後も落花しにくいという嬉しい特性もあります。

青森は、夏でも夜温が低く昼夜の温度差が大きいため、花の色が鮮明になり、花本来の色に仕上がるといいます。また、鮮度がよく日持ちのよい花を生産できるので、全国的に見ると生産量はそれほど多くありませんが、青森は優良な花き産地として高く評価されています。

供花の種類に制約はなく、最近は華やかな洋花も増えているようですが、もし花屋さんで”輝くえみあかり”を見つけたら、一度ご利用になってみてはいかがでしょう。「えみあかり」は、少量ながら青森、弘前、八戸の花き市場で取り扱われ、県内の花屋さんで販売されています。 by 義人

【追加】
太宰治の「思い出」で紹介されている「金木町 雲祥寺(うんしょうじ)」の住職さんから、仏前に菊の花が用いられる理由を寄せていただきました。
その内容を簡単に紹介すると、菊の放つ芳香には強い殺菌力と防臭効果があるため、現代のように防腐技術が発達していなかった昔、大切な亡骸に菊の花を供える習慣ができあがったというもの。(そういえば、刺身のツマにも菊が添えられます・・・。)
一戸住職さん、わざわざお電話までいただき、本当にありがとうございました。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO#だし#アート#青森県立美術館

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅