まるごと青森

twitter facebook rss
お米のお菓子

大人の休日弁当 ~津軽物語~

特産品・お土産 | 2006-09-12 23:19

青森駅の「オトキュー弁当」

先週の今日、上京のため青森駅へ。
ちょうどお昼になる時間だったのもあって、旅の醍醐味「駅弁」を物色。
そこで、前から話に聞いていたのにどこで売っているのか、おいくらなのかもわからずいつしか記憶が薄れていた地元の「大人の休日弁当」を発見!

その名も、 「大人の休日弁当 ~津軽物語~」 。

お値段は、・・・え~っ! 驚愕の「900円」!

「大人の休日弁当」といえば、二千円オーバーの懐石弁当のイメージ。
そのブランド弁当の津軽版は、900円。
庶民の味方!と売り切れでないことを祈りつつ、おばちゃんに「くださ~い。」
まだ在庫もあり、無事ゲット。

電車に乗るまで大事に抱えながら、特急白鳥の出発を待ってさっそく取り出します。

大人の休日弁当 ~津軽物語~

山吹色の包み紙の横には、

『青森県産米(津軽ロマン)使用』の文字もあり、そのこだわりにちょっと期待。

大人の休日弁当 ~津軽物語~1

ヒモをはずすと、小さめの長方形の容器が二段重ね。
そしてその全容!

大人の休日弁当 ~津軽物語~2

「壱の重」は県産米のエース津軽ロマンの「岩木山 若竹ご飯」、そして「下北半島 雲丹ご飯」のツートップ。
「弐の重」には、・・・・これもスゴイ!
「虹鱒の糠漬け」から始まり、「八戸 焼き蒲鉾」、「平内産耳吊り 帆立甘辛煮」、「野辺地 若鶏の治部煮」、「青森地場野菜の煮物」、「軽米 厚焼き卵」、「七戸 長芋の紅梅漬」、「八甲田 山牛蒡」
県産食材にこだわり、これで、900円。
食べる前からお得感いっぱい。

大人の休日弁当 ~津軽物語~3

炊き込みご飯には最高の相性、といわれている「津軽ロマン」を2色の炊き込みご飯にするこのセンス。しかもこの上品な味付け。弐の重の存在感を失わせません。
ていねいに煮て焼き、見栄えよく並べられた弐の重のそれぞれ。
どれも豊かな味わいで、早食いのワタシがこのときばかりはちょっと優雅にゆっくりと。

食材へのこだわりや味付けの品の良さなどに満足した幸せ時間を900円のお弁当でいただいた驚きに、青森へ戻ってからネットで調べると・・・、
このお弁当、
「JR東日本の「大人の休日」キャンペーンに連動し2002(平成14)年、青森駅伯養軒から発売した駅弁。本物・高級志向のキャンペーンであるため、通常の駅弁より高価に設定された駅が多いなかで、青森駅は比較的安価で好感が持てる。」
・・・と好意的な記載。

もっと早く出会いたかったお重でした。
これはオススメです♪ byなおき

タグ: 鉄道青森県

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅