まるごと青森

twitter facebook rss
つききんからあげ屋さん湊店1

つききんからあげ屋さん湊店

グルメ | 2006-10-03 18:48

八戸は「陸奥湊」。卵が先か、鶏が先か?

先週、取材同行で八戸へ。
陸奥湊の市場などで旬の八戸の食材など見ていただいた後、立ち寄ったのは・・・・、
「煮卵30円」

つききんからあげ屋さん湊店

そう、以前もご紹介しました沖野商店の煮卵
陸奥湊の市場にも売っていたんですが、どうしてもできたてのホッカホカをお客様に食べていただきたくて、移動して、八工大一高の角を曲がって。
何度行ってもここだ!と気がつくのはそこを通り過ぎようとする間際です。
まさかここで一日1000個の煮卵を作っているとは到底思えない、普通のお店。
しかし中は、まさに煮卵専門店。

つききんからあげ屋さん湊店1

煮干しと昆布。ちょっぴり甘めに味付けした煮卵。
2時間は煮ている、というのに白身まで柔らかいまま。
ビニール袋に煮卵1個とちょっとだけアツアツたれを入れてくれます。
お客様も大喜び。

こんな滋味たっぷりのカイグイの後は、サクッと。
湊中学校のすぐそば、つききんからあげ屋さん湊店へ。
以前からサーベイ青森に載っていた(260p)のでいつかは、と思っていたところ。

つききんからあげ屋さん湊店2

しかし、この日がデビューとあって、オーダーの方法がわかりません。(笑)

そんなワタシを見て、お客様が揚がるのを待つ高校生に「きみ、何頼んだの?」「何グラム?」なんて積極的に聞いてくれているうちに、おおよそ概要が見えてきて、味見も兼ねて「正肉からあげ塩200グラム と和風(しょうゆ味)100グラム」と注文を決定。
ちなみに、その高校生2人組くんは、二人で塩からあげ400グラム。100グラム5個程度ということだったので、一人10個。聞けばおにぎりを持ってきているというので、追加のおかずってところ。

つききんからあげ屋さん湊店3

私たちが待つ間にも、高校生や若者がやってきて、店内はいっぱいに。

つききんからあげ屋さん湊店4 つききんからあげ屋さん湊店5 つききんからあげ屋さん湊店6

揚がりました。
片栗粉の白くてサクっとしたいい食感。
中はふわっと。
ケンタッキーと対極にある食感とテイスト。
ホント、ビールが欲しくなる、塩からあげ

「鶏と卵、どっちが先」と悩みながら今回はこのルートでしたが、今度は鶏→卵の順で行ってみます。 byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

ラーメンスイーツまち歩き伝統工芸郷土料理ツアー自然りんごねぶた・ねぷた果物カフェ・レストランお酒野菜魚介肉・卵田んぼアート三味線歴史・文化アート食堂ヒバ鉄道三内丸山遺跡奥入瀬渓流山菜・きのこ米・パン・穀物寿司居酒屋・バー種差海岸十和田湖マグロご当地紅葉ランチグルメ弘前ブナコ津軽白神山地絶景ウニ津軽海峡カレーお土産蔦沼新緑弘前公園弘前城八甲田岩木山毛豆太宰治温泉自転車津軽弁缶バッジカンバッジおみやげ津軽弁缶バッジ寺山修司八戸ブックセンターイルカ陸奥湾フェリー尻屋埼灯台尻屋埼寒立馬灯台ジオパークガイドおにぎりうにぎり岩のり寒海苔カフェコーヒープリンおやき三社大祭館花岸壁朝市宵宮美術館青森土産津軽土産パッケージ買い金魚海藻わかめe-sportsお盆迎え火・送り火嶽きみ熱帯魚日記ポップ横丁最強毛豆決定戦きのこアニメクラフトイベント唐揚げ和栗スタンプスーパーハンココケシクリスマス焼き鳥雪見温泉露天風呂鮟鱇あんこう風間浦鮟鱇ハンドメイドインバウンドお家でシリーズ植物担々麺辛い種差グランピング月見アナログレコード青森県、色彩妖怪JOMONトーク万年筆ステンドグラス#郷土料理#お家ごはん#料理BUNACO

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅