まるごと青森

いざ紅葉の十和田湖へ!2

いざ紅葉の十和田湖へ!

観光スポット | 2006-10-27 20:23

10月25日、お客様を案内して紅葉の十和田湖へ。
霧雨ぎみのあいにくの曇天でしたが、
前日の天気予報の悪さを考えると、
しっとりと濡れる紅葉もなかなかのもの。
平日にもかかわらず石ヶ戸休憩所のあたりは
観光バスなどで混み混みで、
十和田湖・奥入瀬の人気の高さを改めて確認しました。

いざ紅葉の十和田湖へ!

時間の都合もあって奥入瀬渓流はバスで走り抜け一路休屋へ。
目的地は十和田湖畔のマリンブルー。
十和田湖ランチクルーズ紅葉編のスタートです。

いざ紅葉の十和田湖へ!1

少し肌寒い湖上ではありましたが、
ライフジャケットが意外と暖かいことに感心などしながら、
まずはランチボックスのホットサンドをいただき腹ごしらえ。
船を操縦する中村社長の軽快なガイドで、
十和田湖の紅葉を楽しみました。

十和田湖の遊覧船には何度も乗ったことがある私ですが、
小型船は初めての経験。
結構岸辺に近いところまで船が近づくので、
カメラを抱えた私は霧中でシャッターを切っていました。
※技術不足で思ったような写真が撮れていないのは内緒です。
紅葉は例年に比べて少し遅めのようですが、
それでもその美しさは絶景で、
抽象画のような巧みな色使いは最高でした。

いざ紅葉の十和田湖へ!2 いざ紅葉の十和田湖へ!3

いつもの入り江ではエンジンをストップし、
静寂の中で紅葉を楽しみます。
ここでは誰もが感嘆の言葉しか出てこず、
一眼レフから携帯電話まで、
カメラと呼ばれるものを持つ人全員が、
どうにかしてこの美しさを自分の記録に残すべく努力していました。

いざ紅葉の十和田湖へ!4

大型遊覧船の引き波で多少揺れるくらいで、
双胴船「アドベンチャー21」の乗り心地は快適。
天気さえかみ合えば、あり得ないような風景を見ることができる最高のクルーズです。
今年はもうワンチャンスくらいありそうなので、
写真好きな方には特にお薦めです。

by YOSHIHITO

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

日記雪見温泉月見#釣り食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭ポップアナログレコード#手帳ヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市横丁露天風呂青森県、色彩#桜鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮最強毛豆決定戦妖怪#食りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館きのこ鮟鱇JOMONトーク伝統芸能ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産アニメあんこう万年筆えんぶり果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産クラフト風間浦鮟鱇ステンドグラス建物カフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いイベントハンドメイド#郷土料理#青森グルメお酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚唐揚げ#お家ごはん中華料理ラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻和栗インバウンド#料理エビチャーハンスイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめスタンプお家でシリーズBUNACO白神山地体験レポートまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスーパー植物#だし青森県伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆ハンコ担々麺#アートアウトドア郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火コケシ辛い#青森県立美術館ツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみクリスマス種差#自然自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚焼き鳥グランピング#エビの釣り堀グルメ弘前公園陸奥湾おやき

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ