まるごと青森

できたかな?一合漬

できたかな?一合漬

特産品・お土産 | 2006-11-08 21:02

9月に「作ってみました」と、このブログで書きましたがあれから、約2ヶ月がたちました。
一升漬ならぬ私の一合漬も、見た目はかなり、それっぽくなってきましたよ。

◆9/3仕込み。麹をもどして入れたもの。冷蔵庫保存。

できたかな?一合漬

◆9/10仕込み。麹をそのまま入れたもの。常温保存。

できたかな?一合漬1

肝心の「味」ですが、麹をもどして入れたものは、冷蔵庫にずっと入っていたせいかまだまだ寝かせないとダメな感じ。材料それぞれの味がします(笑)
麹をそのまま入れて常温でおいたものは、一応出来上がった感じの味です。
でも、遊びに来た友人に試食してもらったところ、「おいしいけど、まだ唐辛子の味がとんがってる」との意見で、こちらもまだ寝かせないとダメなようです(残念・・・)。
市販しているものは、仕込んでから何ヶ月くらいたってるのでしょう?

この前、お客さまと「一升漬」の話題で盛り上がり、その方のなじみの居酒屋のご主人が仕込んだ「自家製の7年もの一升漬」を少しわけていただくことができました。Yさんありがとう!
「7年」もたっていたら、まろやかな味になっているんだろうなと想像していざ食べてみたら、今まで食べた中で「一番辛い一升漬」でした。
本当にビックリしました。特別に辛い唐辛子が出来た年だったのでしょうか?
それとも、年月がたつと、辛さが進行するのでしょうか?

そして、ある冊子で、JA津軽みなみ 女性部の「三升漬」の作り方が載っていたので見てみると、①材料を混ぜ合わせて鍋に入れて、②沸騰直前まで火にかける、③冷蔵庫に入れて、毎日かきまぜて熟成させる、とあるではないですか!?
私が聞いて作ったのと全然違いますよ。
いろんな作り方があるってことなんでしょうか?

一升漬は、どうも思っていた以上に奥の深いもののようです。
私が勝手にそう思ってるだけですか(苦笑)?
実は、10/16に3回めの「一合漬」を仕込んだのです。
これは「麹そのまま、常温、毎日かきまぜる」で仕込み中です。
どんな味のができるのか、楽しみです。
今年、一升漬を仕込んだ皆さま、出来上がり具合をお知らせください。

byひろぽん

掲載されている内容は取材当時の情報です。メニュー、料金、営業日など変更になっている可能性がありますので、最新の情報は店舗等に直接お問合せください。

タグ: ご当地青森県

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

タグ別記事一覧

鮟鱇JOMONトーク伝統芸能ねぶた・ねぷた奥入瀬渓流絶景太宰治灯台青森土産きのこあんこう万年筆えんぶり果物山菜・きのこウニ温泉ジオパーク津軽土産アニメ風間浦鮟鱇ステンドグラス建物カフェ・レストラン米・パン・穀物津軽海峡自転車ガイドパッケージ買いクラフトハンドメイド#郷土料理#青森グルメお酒寿司白神山地周辺津軽弁金魚イベント#お家ごはん中華料理ラーメン野菜居酒屋・バーカレー缶バッジおにぎり海藻唐揚げインバウンド#料理エビチャーハンスイーツ魚介種差海岸まつりカンバッジうにぎりわかめ和栗お家でシリーズBUNACO白神山地体験レポートまち歩き肉・卵十和田湖アクティビティおみやげ岩のりe-sportsスタンプ植物#だし青森県伝統工芸田んぼアートマグロお土産津軽弁缶バッジ寒海苔お盆スーパー担々麺#アートアウトドア郷土料理三味線ご当地蔦沼寺山修司カフェ迎え火・送り火ハンコ辛い#青森県立美術館#サウナツアー歴史・文化紅葉新緑八戸ブックセンターコーヒー嶽きみコケシ種差#自然#八甲田山自然アートランチライトアップイルカプリン熱帯魚クリスマスグランピング#エビの釣り堀八戸市グルメ弘前公園陸奥湾おやき焼き鳥月見#釣り#太陽光発電食堂ブナコ弘前城フェリー三社大祭日記雪見温泉アナログレコード#手帳#夏休みヒバ津軽八甲田尻屋埼灯台館花岸壁朝市ポップ青森県、色彩#桜#風車鉄道青森岩木山尻屋埼宵宮横丁露天風呂妖怪#食りんご三内丸山遺跡白神山地毛豆寒立馬美術館最強毛豆決定戦

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ