まるごと青森

twitter facebook rss
津軽の冬の野菜 「冬陽しゅんぎく」

津軽の冬の野菜 「冬陽しゅんぎく」

特産品・お土産 | 2006-11-28 22:39

~やわらかい陽差しと温泉熱で育てたまろやか春菊~

春菊は地中海沿岸が原産とされるキク科の一・二年生草本。
食用とするのは日本など東アジア地域だけなのだそうです。

すき焼きなど鍋物に欠かせない春菊の旬は11月から1月にかけて。
この季節は県内のスーパーでもよく見かけますが、
そのほとんどは主産地である関東地方で生産されたものです。

津軽の冬の野菜 「冬陽しゅんぎく」

春菊は、栽培期間が短く病害虫にも強いため、
比較的作りやすい作物に分類されるとはいえ、
寒い寒い冬の青森で生産するのは簡単なことではないのです。

ところが、岩木山をのぞむ津軽平野のど真ん中で、
12月から2月の厳冬期に旬を迎えるおいしい津軽の春菊がありました。
小堀農園の「冬陽しゅんぎく」です。

小堀さんが冬場の春菊栽培を本格的に始めたのは今から10年ほど前のこと。
自宅の敷地内から噴出した温泉を40棟ものビニールハウスに張り巡らして気温(外気温プラス8℃くらい)を確保しています。
「温度はなんとかできても雪の日ばかりで日照が足りないのでは?」
当然のように思い当たる疑問ですが、
実はこの日照不足こそ、
やわらかくてアクのないまろやかな春菊をつくるキーポイントになるのだそうです。

津軽の冬の野菜 「冬陽しゅんぎく」1

「食べ比べれば違いは明らか。嫌な青臭さがなく茎元までおいしい。」と小堀さん。
葉は鍋やお浸し、茎はきんぴらがおすすめで、
そのおいしさは春菊嫌いがついつい”おかわり”しちゃうほどだとか。
しかも減農薬・減化学肥料のこだわり栽培です。
12月から2月に出回る弘前産の春菊は、おそらくこの「冬陽しゅんぎく」。
スーパーで出会ったら一度食べてみてください!
by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅