まるごと青森

twitter facebook rss
りんごどころ”津軽”の野菜名産地「清野袋」

りんごどころ”津軽”の野菜名産地「清野袋」

特産品・お土産 | 2007-01-11 21:02

どうしても紹介しておきたい野菜産地のお話しです。

津軽地方は「米どころ」、「りんごどころ」。
昔から米とりんごの名産地として知られていたため、野菜は商品としては軽んじられる傾向がありました。
津軽には、米の集荷業者やりんごの出荷業者はいても、野菜を出荷する業者は存在しなかったのだそうです。当時の農協も同じ。このため、野菜の生産者たちは、リヤカーを引きながら”触れ売り”するのが一般的だったと言います。

そんな中、いち早く野菜生産に取り組み始めた集団がありました。弘前市清野袋(せいのふくろ)地区の「清野袋蔬菜生産出荷組合(昭和33年設立)」です。ここも、もともとは典型的な米とりんごの複合経営地帯ですが、小さな規模の農家が多かったため、所得を少しでも多く確保しようと、ねぎを主体としながら、にんじんやごぼう、ながいもなどの根菜類を生産したのだと言います。

りんごどころ”津軽”の野菜名産地「清野袋」

今では「野菜は清野袋」と言われるほど津軽一の野菜産地に成長した「清野袋蔬菜生産出荷組合」。地元市場でも別格の扱いとなっていますが、その成功のカギとなったのは、母なる川”岩木川”でした。

岩木川沿いに広がる清野袋地区はかつては水害の常襲地帯。野菜畑を何度となく流されたようですが、野菜はすぐ新しい種をまくことができたので、水害を受けても立ち直りが早かったのです。結実まで数年かかるりんごや、収穫まで半年近くかかる稲作ではそうはいきません。

さらに、この一帯は水はけの良い砂壌土で、岩木川によって運ばれた豊富な栄養分とぶ厚い作土層が蓄積されているため、昔から野菜作りに適した土壌だったのだそうです。

りんごどころ”津軽”の野菜名産地「清野袋」

あれから約50年。野菜の柱は減農薬・減化学肥料栽培とズバ抜けたおいしさで県内外から高く評価されている夏秋トマトですが、冬場には昔から取り組んできた無化学肥料・無農薬栽培の葉物類(ほうれんそうなど)が高く評価され、弘前を中心とした地域で販売されています。

情張り(じょっぱり)達が築いた野菜産地「清野袋」。津軽野菜の礎となっている地域のお話しでした。
なんだか農業誌っぽい内容になってしまいましたね(笑)。by 義人

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅