まるごと青森

twitter facebook rss
五所川原金木 「津軽三味線会館」

五所川原金木 「津軽三味線会館」

観光スポット | 2007-01-24 20:22

気に入っています、コレ!

先日、五所川原市金木へ。
雪の少ない今冬なので、斜陽館の屋根にも雪はありません。
道路も乾いていて、こんな感じです。

五所川原金木 「津軽三味線会館」

この界隈は、まさに奥津軽・津軽半島観光の拠点といってもいいほどの充実したエリア。

斜陽館で流れているビデオに食いつき、
贅を尽くしたこの大きな建物で太宰の文脈に触れ、
知的な充足感に満ち満ちて、
向かいのマディニーで数々の物産を手に取り、
売れ行きランキングなんかもちゃっかりと確認しながらどれにしようかな、
なんて悩み、隣の津軽三味線会館の演奏時間を待って・・・と、
いろいろな組み合わせで充実した時間を過ごせるエリアでもあります。

ここ金木は津軽三味線発祥の地。
たくさんの有名演奏家を輩出している津軽三味線の全国大会が開催される場所でもあります。

五所川原金木 「津軽三味線会館」
(↑ 写真を取り忘れたので、資料写真です。スミマセン。)

そして、こちら「津軽三味線会館」は津軽三味線の歴史などを展示する博物館機能を持ちながら、津軽三味線の魂の音色を各会派の精鋭の演奏で聞かせてくれます。

そして、先日立ち寄って目にしたのがコレ。

五所川原金木 「津軽三味線会館」

津軽三味線を叩くあの「撥(ばち)」をモチーフにしたストラップ(500円)です。
手づくりのウッドクラフトで、白い木肌の方が「ブナ」、そして赤い木肌のほうが「サクラ」です。
芦野公園といった桜の名所の多い土地柄でもあって、サクラの方が人気なのだとか。
金木らしくてちょっとお気に入りです。

さらに・・・、さらに!
なんと実物と同じ本べっ甲をあしらった本物感たっぷりな撥(バチ)ストラップ(1,400円)もあります。

五所川原金木 「津軽三味線会館」

さすがは本物の光沢、津軽三味線の響きまで感じさせてくれる逸品。
もうお気に入りです。
津軽三味線の形をした手づくりウッドクラフトのストラップ(1,300円)もありましたよ。

いつも手にするものに津軽を感じさせるものがあるっていうのも、ちょっと誇らしげで嬉しいもの。
立ち寄られたら、ちょっと手にとってみてくださいね。
byなおき

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅