まるごと青森

twitter facebook rss
津軽冬野菜のテリーヌ

津軽冬野菜のテリーヌ

グルメ | 2007-03-23 06:32

津軽冬野菜」のことは、これまで義人が何回か書いています。
2月下旬に、お客様を案内して弘前市へ行ったときに、
あるフランス料理店のオーナーシェフが作ってくれた1品がこれです。
「青森の季節の食材を使った料理を2品作ってほしい」という
お客様からのリクエストに応じた1品が、「津軽冬野菜」をつかったテリーヌ。

津軽冬野菜のテリーヌ

「テリーヌ」は、料理用語辞典によると
「すりつぶした肉や野菜を長くて四角い型に詰め、火を通した料理」。フランス語です。
豚肉や鴨など、お肉で作ったテリーヌが、前菜で出てくることが
多いかと思います。

この「津軽冬野菜のテリーヌ」は、野菜だけではなくて、魚、ホタテ、お肉、
ぜーんぶ入っています。でも、名前どおり野菜が主役です!
真っ白のところは、砂丘ながいも、周りの緑は、清野袋のほうれんそう。
テリーヌの中には、陸奥湾ホタテのサーモン巻、リードボーを津軽鶏で巻いたもの、
お皿の上には、赤い雪中にんじんのピュレ、緑の冬陽春菊のソースが敷かれて
とっても彩りのキレイな一皿に仕上がっています。

で、肝心の味ですが、砂丘ながいもはねっとりした食感に仕立ててあって
ホタテのサーモン巻や、津軽鶏を引き立てている感じ。
清野袋のほうれんそうは、ながいものねっとり感をさっぱり引き締める役と
なっていました。
雪中にんじんのピュレと、冬陽春菊のソースは、色がキレイなだけじゃなくて
甘さと青っぽさをテリーヌに添えて、味のアクセントとして大活躍!

来冬には、お店のメニューとして、登場してほしいなと願う
「津軽冬野菜のテリーヌ」でした。               byひろぽん

青森の観光・物産・食・特選素材など「まるごと青森」をご紹介するブログ(blog)です。
青森県で暮らす私たちだからこそ知っている情報を県内外の皆様に知っていただく記事をお届けします。

まるごと青森Facebookページ始めました。
登録がある方はもちろん、ない方も登録して下記ページで「いいね」のクリックして、まるごと青森ブログともどもご愛顧をよろしくお願いいたします。
まるごと青森FBページ

月別記事一覧

月別一覧ページへ

青森県の暮らしぶりを訪ねる旅